*

【感想】2度目登場文庫本出た『神さまとのおしゃべり』

公開日: : お勧め本 ,

こんにちは、しろです。

実はメルカリをやっていまして、ちょっとした自分のミスがあったのでその日の一日を報告してみます。いや~~焦りました~~




真っ白になった頭で『神さまとのおしゃべり』

 

「荷物を違うお客様に送ってしまいました」

我が家の近所のファミリーマートには、夕方は4時にヤマト運輸さんの集荷がやってくるんです。

メルカリで物が売れた。さて梱包、あれっあと10分で宅配の集荷が来てしまう(;・∀・)

急いで家を出て、徒歩3分のファミマに走っていきます。

ダーっシューーーーーー

あっ!駐車場にヤマトさんのトラック発見!まだドライバーさんが車の中にいるし、ギリギリセーフだーって

急いで手続きを済ませ、担当ドライバーのお兄さんに挨拶をし、

 

「しろさん、(本当は苗字でよばれたのですけどね)お荷物来てますよ~夜の指定になっているから後で届けますね^^」

と爽やかな笑顔で挨拶をかえしてくれ、彼に会えるなんてラッキーって喜んでいたら。。。

荷物を別の方に送ってしまっていた事に気が付いたのです。。。

スマホアプリから、「発送はしましたか」⇒「はい」⇒そしてメッセージ。。。

間違えた~~~~

頭。。。真っ白になりました。。。

すぐに帰宅し、

最初にヤマト運輸に電話をかけたんです。そしたら、個別の営業所の電話番号はなくて、総合センターのようなところに繋がり、

「メルカリ様の承諾が無いと、こちらではなにもできません」

と言われてしまい、

メルカリに問い合わせたのですが、焦ってこんな文になってしまいましたが、

「お問い合わせ内容 : 間違えた商品を送ってしまいました!
営業所まで取りに行けますが、

メルカリ様の確認がないとヤマト運輸様では対処できないようです。取りに行く許可を頂きたいと思います。
宜しくお願いします。」

多分、すぐには連絡がないんだよね~ってさ―どうするってときに、

憧れのクリス岡崎さんの、

スマホでライン@のメッセージを読んだんです。

↓↓↓↓↓

ピンチ、ピンチ、
チャンス、チャンス、
ランランラン♪

あなたはこんなメロディーを
聞いたことがあるだろうか?

「え?正確には違うんじゃないかって?」

確かにそうかもしれない(笑)

でも、ピンチってチャンスなんだよ。

ピンチの時ほど、
あなたの頭がフル回転して、
新しいアイディアを生み出そうとするし、

ピンチの時ほど、
今まででは思いつかなかったようなことに
チャレンジしようとするんだ。

そうやって行動した後には、
必ず何かしらの成長がある。

あなたの人生の中でも、
とんでもないピンチの時、
必死で行動して、いい展開になった。

そんな経験がある人もいるかもしれない。

あなたの人生で、
必要だったピンチはなんだろう?

これを振り返ることで、
今後あなたがピンチにぶつかった時の
ヒントになるかもしれないよ。

↑↑↑↑↑

こんな感じです。

今がピンチなんですよ(;’∀’)

ってことで、白くなった頭をフル回転してみました。

行き詰っては、行動し、考えては、本を読み。

っで読んだ本がこれなんです。


文庫版がでたのですね。なので思わず図書館から借りて家にありました。

荷物が帰ってくる未来を自分で作り出すしかない!

あらゆることをしました。

そして、

  • 魔法の呪文を唱える(斎藤一人さんの、「あめの御名か主様お助けいただきましてありがとうございます」)
  • 魔法の呪文を唱える(ホ・オポノポノ「ありがとう」「愛しています」「ごめんなさい」「許してください」)
  • 魔法の呪文を唱える(誰だっけ?「すべては上手くいっています、そしてこれからはもっとうまく行きます」)

これを隙間時間にしましたね。。。余計なことを考えないように。

変なことを考えている暇があったら良いことをしゃべっていた方が断然いいです。

 




 

想像・お願いをする時には否定語を使わない

そして、スーパーで出会ったマダムありがとう!

よく、近所で宅配のお兄さん見かけるので、しかも挨拶してくれるんです^^たまにトラックの窓を開けて話しかけてくれるんです♪話し逸れました。ごめんなさい。

なので、宅配のお兄さん、どこかにいるかな?スーパーって宅配のお荷物もう集荷済んだかな?って外に出掛けました

スーパーで出会ったマダムに、

「元気?」と言われ、

「元気じゃないです・・・。」

と答えます。

これで、パワーがみなぎってきたのです。

そうなんです。この言葉で元気がでたのです。

今回読んだ本『神さまとのおしゃべり』の中でも、脳は否定語がわからない?

人間は否定語を想像できない

ここのところで紹介されています。

元気じゃない

これは脳的には「元気」なるのです。

宇宙が私の元気にするためにマダムを登場させわざわざ「元気?」と聞いてくれたんです。

宇宙にお願いごとをする時、否定語は通じないんじゃよ。実は。そこに、お前たちの願いがなかなか叶わない原因がある。

「想像」すれば願いが叶うとさっき教えた。そう言われたお前は、「想像さえすればいいんだ」、と思ったかもしれないが、想像の仕方にもコツがあるんじゃよ。

『神さまとのおしゃべり』さとうみつろう著P.148より

  • 苦くないものくださいはダメ
  • 甘いものくださいに変える

なので、元気ではない、は「元気」という状態をつくりだしたんです。

あとまだありますよ~

  • 「なりたい」と思うな。お前はすでになれている。
  • 「ほしい」と思うな。お前すでに持っている。

 

 

引き寄せってこんなことなんだなーとう小さな成功体験

結局、その宅配のお兄さんが、帰宅の途中で我が家のポストに、間違えてしまった荷物を入れておいてくれました。

本当にありがとうございました。

荷物が無事に私の所に戻ってきた。。。

夜に配達に見えられたときに、相談したらすぐに電話を掛けてくれて、出荷を止めてくれたんです。すごく頼りになりました。やはり、人と人なんですね。。。

感動しています。

実は、私は新月生まれなので、満月の時期にはエネルギーバランスが乱れるって思い込んでいました。それが今回の事を引き起こしてしまったのだと思います。『神さまとのおしゃべり』の本の中には、優しさと感動で溢れています。

そして、私の思い込みも消してくれつつあります。

どうもありがとう。

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

関連記事

夢の成功法則 スピリチュアル・コーチング

夢の成功法則 スピリチュアル・コーチング こんにちは。しろです。 夢に向かうことが好きで

記事を読む

何で新月に願い事を書くと夢が叶うのか?

こんにちは、しろです。 実は野球のイチロー選手や、サッカーの本田選手と同じように私も書いた通り

記事を読む

引き寄せのおすすめ本『なぜ、あの人にばかり奇跡が起きるのか?』

こんにちは、しろです。 タイトルを見ただけで気になってしまう本ってありますね。今回も『Kind

記事を読む

【開運手帳】ラッキーカラーの2019年システム手帳7選

こんにちは、しろです。 毎年、手帳を買いに行くときにはその年のラッキーカラーの手帳にしようと決

記事を読む

【感想】幸せとお金を引き寄せる「確実な法則」

こんにちは、しろです。 今回紹介する本は、『幸せとお金を引き寄せる「確実な法則」』ウォレスD.

記事を読む

【感想】『富と宇宙と心の法則』ディーパック・チョプラ 博士の本

こんにちは、しろです。 最近、やたらと、ディーパック・チョプラ 博士の本を読んでいるので、また

記事を読む

苦手な分野を克服!ガネーシャの教え!

苦手な分野を克服!ガネーシャの教え! またまた読書感想文です。 こんにちは。しろです。

記事を読む

【感想】『レシピを見ないで作れるようになりましょう』

こんにちは、しろです。 素敵なレシピ本を見つけました。もう有名な本ですよね。14万部突破!した

記事を読む

なんでか頭にきてしまうときってなんなのでしょうね。

こんにちは、しろです。 先日、ものすごく怒ってしまいました。私って自分で温厚だと思っていたので

記事を読む

【感想】『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』リュウ博士の本

こんにちは、しろです。 リュウ博士の本は論理的で、解説に納得ができます。そんな素敵な本を紹介し

記事を読む

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【感想】『レシピを見ないで作れるようになりましょう』

こんにちは、しろです。 素敵なレシピ本を見つけました。もう有名な

【最新刊】感想!しゃばけシリーズ『むすびつき』

こんにちは、しろです。 2018年の最新刊!しゃばけシリーズ17

【感想】さとうみつろう著『悪魔とのおしゃべり』

こんにちは、しろです。 職場で私に地味~な意地悪をしてくる人がい

【ビブリオマンシー 】意地悪な同僚について『自分を愛すると夢は叶う』

こんにちは、しろです。 昨日読んだ本を、もう一度読んでみようかな

【感想】夢は叶う!吉本ばなな&奥平亜美衣の対談本

こんにちは、しろです。 引き寄せの本・夢実現の本で素敵な本を読ん

→もっと見る


PAGE TOP ↑