【ブックレビュー】男主人公の恋のライバルは私!?のネタバレ

お勧め本

ピッコマから人気のコミック『男主人公の恋のライバルは私!?』を紹介します。
ネタバレ中心でお届けします★
小説の中に入り込んでしまったアイリーン
男主人公たちからクローディアを守るために奮闘する物語
どうぞ最後までお付き合いください★

  1. 男主人公の恋のライバルは私!? 第1話
  2. 男主人公の恋のライバルは私!? 第2話
  3. 男主人公の恋のライバルは私!? 第3話
  4. 男主人公の恋のライバルは私!? 第4話
  5. 男主人公の恋のライバルは私!? 第5話
  6. 男主人公の恋のライバルは私!? 第6話
  7. 男主人公の恋のライバルは私!? 第7話
  8. 男主人公の恋のライバルは私!? 第8話
  9. 男主人公の恋のライバルは私!? 第9話
  10. 男主人公の恋のライバルは私!? 第10話
  11. 男主人公の恋のライバルは私!? 第11話
  12. 男主人公の恋のライバルは私!? 第12話
  13. 男主人公の恋のライバルは私!? 第13話
  14. 男主人公の恋のライバルは私!? 第14話
  15. 男主人公の恋のライバルは私!? 第15話
  16. 男主人公の恋のライバルは私!? 第16話
  17. 男主人公の恋のライバルは私!? 第17話
  18. 男主人公の恋のライバルは私!? 第18話
  19. 男主人公の恋のライバルは私!? 第19話
  20. 男主人公の恋のライバルは私!? 第20話
  21. 男主人公の恋のライバルは私!? 第21話
  22. 男主人公の恋のライバルは私!? 第22話
  23. 男主人公の恋のライバルは私!? 第23話
  24. 男主人公の恋のライバルは私!? 第24話
  25. 男主人公の恋のライバルは私!? 第25話
  26. 男主人公の恋のライバルは私!? 第26話
  27. 男主人公の恋のライバルは私!? 第27話
  28. 男主人公の恋のライバルは私!? 第28話
  29. 男主人公の恋のライバルは私!? 第29話
  30. 男主人公の恋のライバルは私!? 第30話
  31. 男主人公の恋のライバルは私!? 第31話
  32. 男主人公の恋のライバルは私!? 第32話
  33. 男主人公の恋のライバルは私!? 第33話
  34. 男主人公の恋のライバルは私!? 第34話
  35. 男主人公の恋のライバルは私!? 第35話
  36. 男主人公の恋のライバルは私!? 第36話
  37. 男主人公の恋のライバルは私!? 第37話
  38. 男主人公の恋のライバルは私!? 第38話
  39. 男主人公の恋のライバルは私!? 第39話
  40. 男主人公の恋のライバルは私!? 第40話
  41. 男主人公の恋のライバルは私!? 第41話
  42. 男主人公の恋のライバルは私!? 第42話
  43. 男主人公の恋のライバルは私!? 第43話
  44. 男主人公の恋のライバルは私!? 第44話
  45. 男主人公の恋のライバルは私!? 第45話
  46. 男主人公の恋のライバルは私!? 第46話

男主人公の恋のライバルは私!? 第1話

森山莉子女の子限定で、どんな人でも誘惑できる不思議な能力があった。
そんな私が好きだった小説「枯れた枝に咲く花」略して『カレサク』
ヘビーな小説の中のアリーンになってしまいました。

アイリーン・アンバーは借金だらけのアンバー子爵家の長女
女主人公の親友で事件に巻き込まれて死ぬ運命

実際のクローディアは親友だからって⇒借金を全額返済してくれちゃって
感謝しかない、一生付いて行く

クローディアも同じです。
自分勝手な男主人公たちは嫌いです。
アイリーン…わたくしと…
一生親友として過ごしてくれませんか?

男主人公の恋のライバルは私!? 第2話

フェリックス・チェンバレン

  • クローディアのたった1人の兄
  • 大富豪名門チェンバレン家の長男で最年少にして魔法部次官
  • 物凄いマナと魔法の才能を持って持って生まれた天才
  • 性格もいいシスコン
3人の男主人公の策略で、
悪魔と契約させられ、自分の家族、クローディア以外を抹殺する
クローディアを孤立させる3人の作戦のため
命を落とす

魔力の抵抗力は養ってますか?

アイリーン、実は毒殺されかかっていました
犯人は男主人公たちです。
フェリックスが暗殺者をこっそり排除し、浄化で助けてくれました
僕がお嬢様を
拉致することを
許可してくれませんか?

男主人公の恋のライバルは私!? 第3話

アイリーンはフェリックスと一緒にチェンバレン家にやってきました。
今はクローディアと屋敷を案内されています

夜、アイリーン弟のリアムに電話をしました。
そこにフェリックスがやってきます。

アイリーンは預言の話をしました

フェリックスは、
抵抗力があれば古代遺物の魔術を無効化することくらいはできます。
抵抗力があっても魂の半分は持っていかれるといいます。

男主人公の恋のライバルは私!? 第4話

悪魔と契約すると「欲望を少しも我慢できなくなります」

あなたが悪魔になったら
地獄まで抱き締めに行きます

だからどうか僕が自ら去るという時には放してください
「3人で幸せになりたい」というアイリーンを、
フェリックスは膝枕で寝かしつけます

朝、クロエもアイリーンを膝枕したいと言って泣いています・・・

ヒューゴ・チェンバレン、クロエの父は、そんな二人を見ていて、
・・・アンバーお嬢さん 少し話をしよう

男主人公の恋のライバルは私!? 第5話

皇太子殿下がクローディアに会いたいと言っている

クロエの父は、アイリーン皇太子に会う時に、クローディアが暴走したら止めてくれと言いました。

クローディアとアイリーンはお出掛けです
一緒に入ったカフェで、アイリーンの悪口をいう令嬢たちがいて、途中で出てきてしまいました。

綿菓子を食べていたら、酔っぱらいに絡まれます
クローディアが美しすぎて、おじさんが寄ってきました。
激怒のクローディア
結界を張ります。
そしてそこを何故かルーカスが歩いています
酔っぱらいが手を挙げた瞬間。
クローディア!

男主人公の恋のライバルは私!? 第6話

酔っぱらいのおじさんは、大勢の怪しい集団に取り囲まれて連れ去られていきました
アイリーン(リン)が雇った暗殺者たちです★

男主人公と出会いそうな場面を作って、面目丸つぶれにする作戦は大成功です
皇太子のルーカスクローディアに思いっきり振られました

ルーカスは婚約者もいるし、思いやりもありません
クローディア(クロエ)に好かれようと思っても無理です。

思い通りにならない皇太子のルーカスはリンに対して悪感情を持っています

もうすぐ迎える参加必須の建国祭をどうやって乗り切るのか?
でリンは悩んでいます

そんな中、リンの弟のリアムから電話が掛かってきました。
お姉さん、驚かないで よく聞いて
…何ですって?

男主人公の恋のライバルは私!? 第7話

アンバー子爵家にも、本来なら来ないはずの舞踏会の招待状が届きました

弟のリウムからの電話はその報告でした。
アイリーン排除に向けての皇太子ルーカスの陰謀臭いです。

アイリーンは、自分の身を守るためにマティーナの所に行く決心をしました

屋敷を出る時、フェリックスアイリーン(リン)が危険な目に遭ったら、フェリックスすぐに駆け付けられる宝石を持たせてくれました。

セレンチウムは情報ギルドです。
リンはセレンチウムのトップ、マティーナを誘惑したのでした。
リンは女性にモテるので❤

マティーナは、リンの敵が皇太子だということを知っているので、
今回は、手伝ってあげられないと言い切ります。

ですが、1つだけ教えてもらいました。
レンベルク公爵がリンの情報を買いに来た

男主人公の恋のライバルは私!? 第8話

『カレサク』原作小説の中でも数多くいる悪女の中の一人がマティーナ
ベンヤミンにひと目惚れをして、
「彼が欲しがる情報をすべて渡した」と利用されていました。

リンはマティーナがベンヤミンに騙される前に取り込みました
話をじっくりと聞いて共感した
時々側にいた
それだけで可愛がられています。

ベンヤミンが手に入れた情報はリンの好みや趣味でした。
リンマティーナにお願いした情報は舞踏会の為の情報です。

リンのドレスを選び

いざ舞踏会です。
やっと皇宮に着きましたね
今回は会えそうだ

男主人公の恋のライバルは私!? 第9話

フェリックスクローディアアイリーンに自信を持たせてくれます
皇宮ではアイリーンは二人から離されました
部屋で休んでいると
アラサ・ムーアが訪ねてきました。

リンを口説くアラサ・ムーア
リンは断ります。
しつこいアラサにリンは蹴りを入れて撃退します

フェリックスがリンが心配で来てくれました
かなり笑っています。
今の蹴り 見られました。
クロエがお茶を用意したから一緒に行こうというフェリックス
グレープフルーツタルトはありますか?
もちろんです

男主人公の恋のライバルは私!? 第10話

あれから皇太子のルーカスは、
ありとあらゆるタイプの男性たちを
リンの所に送り込んで来て
告白をさせて行きました

ルーカスしつこい

クロエも追い払ってくれます。
クロエリンは暑いから水遊びをすることになりました。

クロエ・・・
水でいっぱいに
してくれませんか?

クローディア
「もの凄い親和力で精霊と会話することができる」
けど、
どの精霊とも契約をすることができなかった
あいつのせいで

男主人公の恋のライバルは私!? 第11話

クロエは虚妄の精霊ニヒリスが邪魔をしていて
精霊の契約ができません

クロエニヒリストと契約すると精神が病んでしまいます
原作では契約しちゃいます。

小さい頃は「精霊王を召喚することになる子」と言われていたのに、
みんな落胆して離れて行ったと言います。

リンクロエ人間界にいる上級精霊と契約しようと提案します。
「建国祭が終わったらフェリックスと3人で探しに行きましょう」

一人になったリン

リンエリカ・ダーフェラシオンに大事な用事があります
エリカに近づいていったら、
リンの父がいました

男主人公の恋のライバルは私!? 第12話

皇太子はリンの父親を使って、
リンを結婚させて遠くに追いやる作戦です

リンの結婚相手は「ティーブ伯爵」でリンより20歳も年上です。
リンはこれに対抗する良い作戦があります

リンはダーフェラシオンお嬢様、エリカと話をつけます

私を手伝ってくれたら
見せてさしあげます

花の意志がどう言うものなのか

男主人公の恋のライバルは私!? 第13話

エリカは小説の中で、最高の悪女で皇太子の婚約者

皇太子は彼女のいじめを傍観し、
そのお陰でクロエが自分に依存するよう仕向けた

そしてエリカクロエを殺そうとした時、ようやくエリカを排除
エリカは皇太子ルーカスに利用されただけ

今は、クロエは屋敷に引きこもっているので、
いじめは起きません

エリカは家の為に皇太子妃の座に就かなくてはならないのです

皇室の会議の場で、リンの結婚は止めになりました

エリカが父に頼み、
父のダーフェラシオン公爵リンの結婚を潰しました

レンベルク公爵によると・・・
ちなみにレンベルク公爵クロエのことが好きでしたが、
興味の対象がリンに向かっています★

リンは、天性のひとたらし
失敗と挫折も包み込む包容力そして信頼
感動を起こしてドキドキさせる言葉エリカの行動力になりました。

感情を刺激したら
人間は簡単に扱えるようになるんです

少し触れただけでも破滅してしまう
人間の感情に手を出すのです

男主人公の恋のライバルは私!? 第14話

エリカリンが知り合いで、ちょっとジェラシーなクロエでした。
「クロエは私のもの・・・」発言に
フェリックスも「僕は?」と参戦です。

エリカとクロエが、リンを取り合っています
リン、クロエに抱きしめられ過ぎて倒れました★

フェリックスが帰ってきました

レンベルク公爵が
アイリーンいプライベートで会いたいと
言ってきたんです

リンとフェリックスは一緒に行くことになりました

木馬から飛び降りるリンフェリックスが抱き留めます。
捕まえた

男主人公の恋のライバルは私!? 第15話

・・・でチューは?
なんてフェリックスは聞きます。
真っ赤になってジタバタするリンでした★

リン暗殺や毒殺を仕掛けてきたのはレンベルク公爵である疑いが高いです。

リン自分を殺そうとした人と対峙します。

レンベルク公爵の部屋です。
レンベルク公爵とフェリックスとリンの3人がいます

レンベルク公爵は「仲良くしたくて呼んだ」と言います。

だけど、レンベルク公爵クローディアを奪ってしまってから、
後で心がいつかついてくると考えています

怒るフェリックス

そして、リンのことも
「どう仕立てるかによって数万種類の光を放つことができる原石」
で自分が「もう少し早く見つけていたら」と言います。

昔は自分のことが好きだったのでは?
そんなあなたが数年前から変わってしまった。
まるで別人になったかのように

男主人公の恋のライバルは私!? 第16話

今は、嫌悪と殺意しか読み取れないレンベルク公爵はいいました。
フェリックスは帰ると言います。

しつこいレンベルク公爵

リンはお金が大好きなので、

アンバー嬢・・・
俺はどうですか?

リンはチェンバレンが破産しても最後まで隣にいます。
と言い切ります
絶対に後悔しません!

帰り道、フェリックスリンの対応を褒めてくれました★

リンの誕生日、リンはクロエからの贈り物に埋もれています

そして、プレゼント攻撃を早々に切り上げ、
無所属精霊のいるカモリ島に行こうと言います。

カモリ島

  • 数千年前、魔界が開いた時に邪気で覆われた島
  • 治外法権
  • もう誰も出入りしなくなった島
  • ペンネーロ商団の特別管轄区域
  • 痩せた土地がいつからか肥沃になって森が茂っている

ここに100%の確率で無所属精霊が存在する!

男主人公の恋のライバルは私!? 第17話

誰も入れてくれない島に入るために、
島をまるごと買うことになりました。

リンの誕生日プレゼントとして

今度の問題は、その島まで魔法で行けないと言うことです。
記録が残るので、皇太子のルーカスに島の事がバレます。

島は無事に買えました
「GET YOU]という商団を作って交渉したら、あっけなく買えました。

話しが変わりますが、
リンは、第2皇子殿下を良い人だと思っているようです。
クロエは動揺して、
フェリックスは怒っています。
今、第2皇子殿下と
親交を深めたいと
・・・言っているんでうすか?

男主人公の恋のライバルは私!? 第18話

クロエとフェリックスの父は、未来の話を聞きました
父、怒っています★

クロエに拒まれたので
「世界を混沌と悪夢に落とす」ってことです。
その被害者がフェリックスです。
例の3人が手を組みました
(ルーカス、ベンヤミン、コンスタンチン)
そして彼らは悪に手を染めました

リンが預言で見た
「弓の形をした悪魔の遺物は地上で最も強力で危険なもの」
今は大神殿に保管されています。

その遺物に名前を刻んだ悪魔の名前
レラジェ「闘争と勝利の悪魔」

フェリックスは自分が犠牲になるつもりです。

オリビア・チェンバレン
病弱なチェンバレン家の伯爵夫人

リンのことも可愛がってくれます。
フェリックスが父に殴られていると聞き、怒ります。

リンは夜、
フェリックスと一緒にいます
どうして「死んでしまえがいい」だなんて
言えるんですか!!

男主人公の恋のライバルは私!? 第19話

「僕は死んだことにしてください」
正確にはこう言ったんです
フェリックスが父親に殴られて、できた傷を
リンが薬を塗ってあげました。

リンは真夜中に目が覚めます。
フェリックスが家族を惨殺する夢を見たからです。

朝、朝食の席で、リンはクロエに語り始めます
クロエ
驚かないでよく聞いて

男主人公の恋のライバルは私!? 第20話

フェリックスは、ルーカス、ベンヤミン、コンスタンチンの所に行きました
フェリックスは矢で射られ絶体絶命です。

自決すれば完全に匿に食われてしまう
ことには気づいていますよね?

3人が去った後
立ち上がるフェリックス
何だかスッキリした気分だ
フェリックス、リンの所に帰ってきました

男主人公の恋のライバルは私!? 第21話

フェリックスは矢を抜き取り、
悪魔を無視して帰って来たのでした

騒ぐ悪魔に対して、
「僕が望むのはあなたが僕の中で
大人しく眠ることです」

フェリックスは、あの3人がわざと子供に矢を射り助けようとしたフェリックスに矢が刺さったのでした。
フェリックスは魔法で、子供の記憶を消してあげる優しさもあります。
素敵です★

フェリックスは「王家が魔法を把握している腕にはめ込まれたもの」
まで破壊
自由です。

フェリックスリンに報告しました。
明るく★
あはは
でも悪魔の力により、リンへの欲望が抑えられるか?
分からないのでした。
・・・アイリーン

男主人公の恋のライバルは私!? 第22話

フェリックスはリンへの欲望を抑えて、
リンを部屋の外に出て行ってもらいました

悪魔のレラジェがささやきますが、打ち勝ちます

次の日。
ファリックスは
レラジェに話しかけないように言ってから
部屋を出ます

フェリックスの部屋の外でリンは寝ていました。
起きたリンフェリックスの印象が変わったと気が付きます。
セクシーだな・・・
フェリックスリンちょっと掴んだだけでリンの手首は腫れました
フェリックス
リンに言います。
いつか酷く傷つけてしまいます

男主人公の恋のライバルは私!? 第23話

フェリックスなら
私に何をしても
いいですよ

赤くなるフェリックス★
そして遺物への拒否反応で血を吐きます
フェリックスリンに剣を渡します。
「僕が変なことをしたらこれで刺してください」
それでは
家族の皆に会いに行きますか?
家族に会いに行く途中で
「ところでアイリーン
僕はもう魔法が使えなくなりました」

男主人公の恋のライバルは私!? 第24話

クロエは全てを理解したうえで、兄のフェリックスを叩きます。
家族が悲しみに包まれる中、リン明るく提案します

夏の休暇に島に行くのは
どうですか?

そしてフェリックスを陥れた、
ルーカス、ベンヤミン、コンスタンチン
フェリックスが生きていることを気付かれないよう
フェリックスの葬儀は始まりました

クロエに近づく3人
クロエルーカスを思いっきり叩きます。
お兄様を死に追い詰めた人が誰なのか
わたくしが知らないと思ってるんですか?

ルーカスは、次はリンだと脅しました。

男主人公の恋のライバルは私!? 第25話

フェリックスの葬儀が始まりました
うるさい3人を無視してクロエとリンは家族を迎えに行きます

悲しみに包まれる中、
リン第2皇子のセドリックを見つけます。
リンは男性が苦手ですが、
セドリックが女性だと思い込んで誘います。
あなたも悪い女だな
こんな日に浮気だなんて…

男主人公の恋のライバルは私!? 第26話

第2皇子はリンを誘惑してきました
突き放すリン

違う意味で
あなたが必要だっただけです

意味のある人生の提示
これがリンの提案でした。
セドリックは小説の中で第2の男主人公でした。
セドリッククロエを助けようとしますが失敗します。

クロエが好きだったわけではなく、
「人生の理由を探して
果てしなく彷徨って
いつか自分も熱く燃え上がること」
望んだからです。

リンから「リンの提案」の紙を受け取るセドリック
セドリックはこの提案を
拒否することはできないだろう

慌てて戻るリン
途中でエリカのお父さんエリカの事について話しをします。
「余計なことをしてくれたな」
ですがリンには何もしてこないと言いました

男主人公の恋のライバルは私!? 第27話

無事に葬儀が終わりました

これから旅行の準備です。
旅行に持っていくポーションを見ているうちに、
リンポーションに関心が出てきました

うーむ
一度作ってみようかな

リン作ったポーションをフェリックスに見せました
どうやらリンポーションを作る才能があるようです。

夜中、体中が熱いフェリックス
リン自分の上に乗っているような夢を見ています。
・・・まるで夢のようですね

男主人公の恋のライバルは私!? 第28話

フェリックスはなるべくリンを遠ざけるようにしています
リンフェリックスの研究したものや本を貰いました
ポーションの作り方は覚えられそうです。

ー・ー・ー・ー

汽車の旅が始まりました
フェリックスリンと二人きりになるのを避けて
違う個室に移ろうとします。
リンフェリックスの袖をつかんで、
上目使いで訴えます。
行かないとダメですか?
フェリックス赤くなります★

男主人公の恋のライバルは私!? 第29話

リンは我慢をしているフェリックスに抱きつきます
フェリックスリンを壊したくないのに、
困ったものです★

悪魔の一部の悪魔のレラジェ
「お前は俺の一部のくせに
愛がどんなものなのか
分からないんだな」
フェリックスの中にいるレラジェは、
フェリックス食って偉大な悪魔になろうとしています。

ですが、フェリックスは痛む心を持ち続けます。
するとレラジェも心が痛み続けます。
ズキン
俺も痛くて死にそうだから
苦しむのはやめろ

男主人公の恋のライバルは私!? 第30話

リンのものになった島
カモリ島の近くには行けないそうです
「あんたたちも死にたくないのなら
諦めたほうがいい・・・」

「Get You]のみんなも
私に関わることさえなければ・・・

泣くリン

しばらくして砂浜に打ち上げられている
アンソニーを見つけます

他の人たちは
どうなったの?

他の人たちは・・・
多分今はまだ生きてると思います

「Get You]のみんなは大丈夫かもしれません★

男主人公の恋のライバルは私!? 第31話

精霊が島に近づけないようにしているようです
リスクが大きいので止めようと言いますが、
クローディア(クロエ)は精霊と契約をする気満々です。

傭兵を雇って船で出発する3人
船は停止します。
ゆがんでいる他の次元の空間が邪魔をします

そんな中、クロエが海に飛び込みました。
ク…ロエ…

男主人公の恋のライバルは私!? 第32話

島に到着しました
フェリックスアイリーンを抱きしめてくれたので、無事です。
しかもフェリックスアイリーンにすりすりします。
現実と分かり赤面するフェリックス★

海が空間を貫通しているようです

人びとの服は4千年前の服です
「レラジェの魂のかけらが教えてくれました」とフェリックス
四六時中話しかけてきます★

すぐに子供たちが食べ物と洋服を持って来てれました
イリピアという生命の精霊が、外部の人が来た時食べ物を渡すと喜ぶと子供たちが言います。

生命の精霊なら
ついにクロエが精霊と契約できるかも!

子供たちは4千年前に死んだ子供たちです。
儚い虚像です

男主人公の恋のライバルは私!? 第33話

アイリーンはクロエはどこにいるんだろうと心配をしています
フェリックスが着替えたら太陽神の様です★
みんなが楽しくしているところに、
「城主様はどこにいるんですか?」と直線的に質問します。
精霊がやってきました
すぐにフェリックスを悪魔認定します。
悪魔め…
よくもここに入って来たな

男主人公の恋のライバルは私!? 第34話

魔法が掛かっているのに悪魔の存在がバレました

悪魔を憎んでいるんですね
僕もそうです

フェリックスと精霊の戦いが始まりました

その頃、クローディアは自分自身と闘っています
自分に打ち勝ったとき、精霊が登場しました
「あなたが自分で解決するのを待っていました」と
十分によくやったわ
あなたが感じた挫折も希望もいつかあなたの糧になるはずよ

「自分と契約をしてください」と頼むと
私の代わりにあなたが手助けしてくれない?
精霊は、精霊の心臓が入った箱を、クローディアに渡します。
その子もあなたを助けてくれるわ

男主人公の恋のライバルは私!? 第35話

フェリックスはアイリーンをしっかりと抱きながら精霊と戦います
強力な攻撃を繰り広げますが、精霊の本体は別の所にあるようです。

フェリックス相手の攻撃からアイリーンを守るために倒れてしまいます
アイリーンフェリックスを庇います。
そしてアイリーンは説得にかかります。
精霊が悪魔を嫌う理由
「この島と魔界が繋がる通路として利用されて全てを失ってしまったからでしょう?」
「フェリックスはもう二度とそんなことが起きないようにするために悪魔を自分の体に封じ込めたの」
「悪魔を呼んでフェリックスをこんな風にした人たちがいるの
どこにいるのか教えるから言って彼らを殺してくれる?」
と必死です。

ですが、容赦をしない攻撃に目をつぶるアイリーン
絶対絶命のピンチにフェリックスは復活します。
悪魔に乗っ取られた状態ですが、精霊を撃退したフェリックス
アイリーンを見るその目は、
いつものフェリックスではなく冷たい光を放っていました

男主人公の恋のライバルは私!? 第36話

フェリックス
…いやレラジェ
「やっと直接会えたなアイリーン・アンバー」
お前のせいで心臓が痛い
悪魔はアイリーンが、笑っても泣いても心臓がいたくなるようです★
アイリーン小悪魔★

クロエが戻ってきました
今まで見た偽物の世界ではなく、
今ある状態が本当のこの島だとアイリーンクロエに説明をします

クロエ、精霊と契約をすることにしました
倒されたばかりの精霊ですが、本体をクロエが持っていました
精霊の心臓がクロエの手の中に。

あの精霊がリンとお兄様にしたことを思う
「いますぐ心臓を燃やしてしまいたい」
だけど会って確認します。
わたくしが契約する精霊は
わたくしが直接選ぶんですから

男主人公の恋のライバルは私!? 第37話

クローディアはフェリックスと闘った精霊(の本体)イリピアの前に来ています
「改めてご挨拶しますわ
わたしがあなたの新しい主人です」
イリピアにはペンネーロ商団の復讐の機会を与えるクローディアは言います。

アリスタの為にこの島から出られないイリピア
…俺が離れたらこの島は沈む

アリスタは消える時を知っています。
イリピアは今、心臓を納める時が来ました

今は精霊のイリピアクローディアフェリックスアイリーンで帰還中です。
フェリックスは今、悪魔のレラジェです。
アイリーンレラジェに「ラリー」という名前を付けちゃいました。
悪魔のラリーアイリーンに心臓がドキドキしています

男主人公の恋のライバルは私!? 第38話

アイリーンはすっきりしない気持ちを抱えていますが、
みんな死ななくて良かったと海を見ながら思いふけっています

フェリックスアイリーンに声を掛けます
フェリックスは悪魔と同化していく
ようです

フェリックスと
悪魔は全然違います!

アイリーンを誘い海に入るフェリックス
フェリックスアイリーンを抱き上げます
二人はキスをします。
アイリーンに手をかけるフェリックス
拒むアイリーン

また僕を止めるのなら
僕と最後まで一緒に行く
という意味に解釈します

フェリックス…
本当にいなくなっちゃうの…?

男主人公の恋のライバルは私!? 第39話

アイリーンと最初に出会ったのは

お願いします
誰にも言わずにひっそりと
魔力の抵抗力を養ってください

と頼まれた時
まるで猫のようだな
手なずけたい野良猫のよう
食べ物で釣れば、リスのよう
クローディアが来ると犬のよう
僕だけの猫
アイリーンの笑顔を見てから
可愛くて愛おしくてたまらなかった
ドキッ・・・

男主人公の恋のライバルは私!? 第40話

アイリーン(リン)を助けるため、屋敷に匿っていたら
リンはだんだんフェリックスに慣れてきました

リンが可愛くてフェリックスは楽しくて幸せな時間を過ごしていました。

ですが、どんどん、リンに対する欲望が高まってしまっていたのです。
なので、遺跡で精霊と闘った時、悪魔に魂の1/4を渡してリンを助けたのでした。

悪魔のせいで、アイリーンに対する欲望が高まってしまったので、
アイリーンの元から去ることにしたのでした。
アイリーンを守らなければ

男主人公の恋のライバルは私!? 第41話

クロエ・・・
フェリックスがいなくなりました
永遠に

ルーカスが皇帝に即位しました

ルーカスクロエの近況を聞きます。
大精霊も一緒に来た

クロエは精霊と契約するのが難しいと言われていましたが、
ベンヤミンアイリーンの知恵ということを見抜きました

「クローディアが国民にしたわれて敬われて
歴史に名を残すのは時間の問題ですね」

ルーカスは征服戦争を始め、
クローディアよりも名を残すことに決めました。
征服戦争をはじめよう

男主人公の恋のライバルは私!? 第42話

フェリックスが去ってから3年半が経ちました

  • ルーカスは皇帝
  • ベンヤミンは皇帝の右腕
  • コンスタンチンは皇帝の左腕
  • リンは全てのポーションが作れるようになり、
    芸術的な才能があり
  • クロエはイリピアと共に高い地位に立っています

フェリックスに悪魔を埋め込んだ、ルーカスベンヤミンコンスタンチンには復讐しないといけません。

リンの使命は戦争の英雄と知り合いになること
リンは戦勝パーティに行きます

対立するそれぞれが、英雄を取り込もうとしています

何も持っていない彼に
慈悲を与えるフリをして利用すれば
クローディアが手に入るかも
しれないな

男主人公の恋のライバルは私!? 第43話

ここから第2期です★

ーー・ーー・ーー・ーー

リンはマティーナに半年ぶりに会いに来ました

ごめんなさい
実は私もう神通力が
なくなったんです

原作からかなり離れた状況にあるので
何が流行っているのか?
リンは分かりません

ですが、マティーナは今回は有益な情報を受け取らずに
ヴァルテールという英雄の情報をくれました。

戦勝パーティに、弟のリアムと一緒に臨みます

ヴェルテールが入って来ました。
黒髪で青い瞳
顔には傷があります。
・・・フェリックス?
リンと目が合いました。

男主人公の恋のライバルは私!? 第44話

英雄の正体はフェリックスでした
誰よりも優しい、
命を大事にしていたはずのフェリックスが、
今や殺人鬼と呼ばれています。

アイリンはボロボロに酔っています。
以前、フェリックスからもらったペンダントを割りました

すぐに駆け付けて来てくれるはずでした。

フェリックス、窓からやって来ました!

男主人公の恋のライバルは私!? 第45話

まだ酔っぱらったままのアイリン
フェリッスに抱きつき、窓の下に落ちました。

ようやくリン(アイリン)は
フェリックスを捕まえることができました。

目も、声も、フェリックスと同じ

フェリックスであるヴェルテール
リンのことを
「愛することはない」と言います。

リンは、「離れないと言ってください」
と笑いながら言います。
えへへ♡

答えてくれないと10秒以内にキスをするというリンに、
ヴェルテールはキスをしました★

男主人公の恋のライバルは私!? 第46話

コメント

タイトルとURLをコピーしました