*

【感想】『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 著

公開日: : お勧め本

こんにちは、しろです。

今回は、『ウィステリアと三人の女たち』という本を紹介します。芥川龍之介賞受賞作家さんの 川上 未映子さんの作品です。

 




『ウィステリアと三人の女たち』の世界観

女性ばっかりでてきます。美しい世界の中で生きている問題を抱えた女たちの物語なのですが、思わずめったにしない2度読みをしてしまいました。

最初読んだだけでは理解が全くできなかったんです。

実は今も。

 

みんな何かを抱えているのです。

それが、どう感じ取っていったらいいのか分かりませんでした。

ある一話では、主人公が老婆に破壊力のある言葉を聞き取れるようにはっきりと叫びます。

そんなことを言ってしまっても良いのだろうか?

その老婆は彼女に何をした?

 

そのセリフがどうにもこうにも修正がきかないんです。

 

自分なら絶対に言わないセリフ。

そのセリフが口に出せない女の子もでてきます。

 

それ繋がり?

 

これは図書館で借りて読んだ方が良いかもしれません。

どの図書館にも絶対にあると思います。

それは、作者自身の最高傑作と呼ばれているからなんです。

とても綺麗な表紙の本で、もしも気に入った人がいたのならとても大事にするであろう本です。

 

 

 

ウィステリアと3人の女たちの感想

 

この本は、女性ばかりが登場します。短編集なのですが、最後の一話でようやく唯一の男性が登場します。彼は主人公の夫です。

私は、9月に「恋愛サイエンス」を学びにいくのですが、

それを学ばなくても、別れた方が良いことは分かります。

この夫は、奥さんを愛していません。

主人公のわたしの毎日、丁寧に家事をしていく様子が描かれているのがまた辛いです。

 

主人公夫婦の隣の家にはウィステリアが住んでいたのですが、今はもう姿をみません。

会ったことも話したことも無いのですが、私は好意を持っていました。

 

いつの間にか、隣の家の解体作業が始まっています。

わたしは、解体作業を眺めているのですが、

隣にいた見知らぬ女性が話しかけてきます。

その女性は他の人より腕が長いのです。

何者なんだろう。

その女性に、深夜に空き家に入ることを教わります。

わたしは夫がゴルフの接待旅行の日に隣の解体途中の空き家に忍び込みます。

そこでウィステリアの物語と共に運命が良い方向に流れだすんです。

私の救済の物語。

夫よ慄き膝まづくがいい!

 




 

ウィステリアの3人の女性たちのまとめ

 

夫の表情がとても残酷です。顔の表情だけで虐待はできるのだとこの本から学びました。

私の心をナイフでえぐるような表情です。

実際に刺さっているのではと思ってブラウスのボタンと外してみた事もあるくらいです。

なんでそんな人と一緒にいなくてはならないのでしょう。

ですよね。

その後の私の様子は描かれていないのですが、もう元の生活には戻れないことくらいは簡単に想像できます。

夫はなんだろう?なんで帰って来たのかは分かりませんが、旅行で留守のはずなのに自宅に戻ってきています。帰ってこなければ良かったのかもしれません。

あ、やはりこの変化した私にきちんと向き合わないといけませんね。返り討ちです。帰ってきてわたしは良かったです。

 

 

大人しくしている女たちの存在感の大きさに驚きます。

こちらにも感想を書いてみました。

ウィステリアと3人の女たち感想

 

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

関連記事

【感想】スパイラルダイナミクスのことが書かれている本

こんにちは、しろです。 先日のコーチングで、スパイラルダイナミクスを教わりました。そのことが簡

記事を読む

求職の面接で落とされない訳

求職の面接で落とされない訳   それは相手の前に「いる」ことに集中すること・・

記事を読む

【感想】1Q84 どんな状況の中からでも抜け出せる方法

こんにちは、しろです。 私は村上春樹さんの『1Q84』の最終章が出ていることに気が付きませんで

記事を読む

スーパーブレイン/ディーパック・チョプラ博士の瞑想方法

こんにちは、しろです。今まで色々な人の瞑想方法を紹介してきました。今回は『スーパーブレイン』よりディ

記事を読む

【感想】自動的に夢がかなっていくブレインプログラム

こんにちは、しろです。 この本を読んでいてアルバイトを辞めることを決意しました。今の仕事は「お

記事を読む

クラッシックの効用とは~交響楽団の演奏で癒されて

こんにちは、しろです。 余りにも音楽に元気を頂いたので、交響曲の効用について書いてみます。

記事を読む

【感想】伊坂幸太郎の『砂漠』この一冊で世界が変わるかもしれない

こんにちは、しろです。 文庫本の新装版が出たので再び読んでみました。何度読んでも清々しい読了感

記事を読む

こんなことを続けていていいの?と不安になったときに読んでもらいたい本

こんにちは、しろです。 作家になりたい。漫画家になりたい。など夢の実現のために毎日コツコツと努

記事を読む

子どもでもわかる引き寄せの本『サラとソロモン』

こんにちは、しろです。 昨日読んでいた本に感動してこれを書いています。『サラとソロモン』エスタ

記事を読む

【感想】下重暁子さんの『夫婦という他人』

こんにちは、しろです。 今回は下重暁子さんの『夫婦という他人』を読んだ感想を述べてみたいと思い

記事を読む

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【感想】『レシピを見ないで作れるようになりましょう』

こんにちは、しろです。 素敵なレシピ本を見つけました。もう有名な

【最新刊】感想!しゃばけシリーズ『むすびつき』

こんにちは、しろです。 2018年の最新刊!しゃばけシリーズ17

【感想】さとうみつろう著『悪魔とのおしゃべり』

こんにちは、しろです。 職場で私に地味~な意地悪をしてくる人がい

【ビブリオマンシー 】意地悪な同僚について『自分を愛すると夢は叶う』

こんにちは、しろです。 昨日読んだ本を、もう一度読んでみようかな

【感想】夢は叶う!吉本ばなな&奥平亜美衣の対談本

こんにちは、しろです。 引き寄せの本・夢実現の本で素敵な本を読ん

→もっと見る


PAGE TOP ↑