*

『最後のトリック』 深水黎一郎さんの本です。

公開日: : お勧め本

『最後のトリック』 深水黎一郎さんの本です。

こんにちは。しろです。この本を読んでいたら、面白い論点が満載で、ワクワクしてきました。

 

 

この本は、なんと

「読者が犯人」なんです。

この小説の解説をされている作家 島田荘司 さんによりますと、

この本を閉じだとき、読者のあなたは必ず「犯人は自分だ」と思うはず!?

 

「読者が犯人」というのはミステリー界の最後の不可能トリックだそうです。

ミステリー好きには堪らないいう面白い本なのです!

 

1

 

↓レビューはこちらから
 【中古】文庫 最後のトリック / 深水黎一郎【画】

 

 

なのですが、私の注目点は、別のところにあります。

いつしかスピリチュアルも科学的に解明できちゃいそうなんです(≧▽≦)

この本の中で、心理学の大学教授が登場します。最初は普通に心理学をやっていたのですが、超心理学の研究で有名な先生なんです。

彼のセリフです

「いろいろな説がありますが、私は鍵は古い脳にあると考えています」

「古い脳?」

「そうです。我々が新しい皮質で覆ってしまった古い脳。彼らはそこに自由にアクセスできるのです。したがって我々はみな潜在的にあのような能力を持っているのです」

 

 

このストーリーの中で超能力美少女しかも双子!が登場します。

結局、彼女達は偽物だったのですが、彼女達が語った言葉が、

「まさにその通り!!」

って唸ってしまいました。

超能力を使うときに「努力」が必要と彼女達の片割れはいいます。

読み取ろうと努力しないとダメなんだ・・・だそうです。

「とにかく精神を集中させて、姉さんがカードを選んでいる姿を想像するの。すると最初の姉さんの全体が見えて、それからぼんやりとだけど、姉さんが手に持っているカードの図柄が見えてくるの。それからそこだけズームするように精神を集中すると、やがてはっきり見えてくるの。その図柄以外考えられなくなるの」

博士はふむふむ、と何度も頷いた。

「それじゃあ送信の時は?」

「送信の時はね、胸の前に持っているカードの中に、自分がどんどん小さくなって吸い込まれていくような感じにするの。するとうまく送れるみたい。送ろうと送ろうと、あんまり意識するとダメみたい」

 

みんなが平等に持っている能力なんだと認識しています。だから博士からは偽物と認定されたこの双子の美少女たちも、騙そうとする考えかたを変えれば同じことができるようになるのではないかな~って思っています。だって自分で選んだ方法だから。私は、カードを当てるということはできませんが、自分の中のハイヤーセルフの言葉を伝えることはできます。

判り易くいうと”ひらめき”です。

ひらめきだったら理解できそうですよね。

 

自分がひらめいたことって信じられますよね(^_-)-☆

 

ってその閃いたことって実行・・・行動にうつすと良い事があるんです。

 

 

 

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

関連記事

子どもが言うことを聞かない時ってどうする?

今朝、新聞の人生案内で 「子供は預かりもの」って書いてあったんです。「授かりもの」だと自分が貰

記事を読む

【感想】2度目登場文庫本出た『神さまとのおしゃべり』

こんにちは、しろです。 実はメルカリをやっていまして、ちょっとした自分のミスがあったのでその日

記事を読む

『決めた未来しか実現しない』本田 健 著

こんにちは、しろです。本田 健さんの本を読みました。 『決めた未来しか実現しない』

記事を読む

【感想】幸せとお金を引き寄せる「確実な法則」

こんにちは、しろです。 今回紹介する本は、『幸せとお金を引き寄せる「確実な法則」』ウォレスD.

記事を読む

クラッシックの効用とは~交響楽団の演奏で癒されて

こんにちは、しろです。 余りにも音楽に元気を頂いたので、交響曲の効用について書いてみます。

記事を読む

怒るという感情について

こんにちは。しろです。 昨日、私はカットをするために美容院に行ったのです。  

記事を読む

【書籍紹介】女性にとって大切なこと『潤うからだ』

こんにちは、しろです。 いつもは引き寄せ関係の本ばかりを紹介しているのですが、この本は女性にと

記事を読む

【感想】『ドSの宇宙さんの超うまくいく口癖』を実践してみました。

こんにちは、しろです。 今回も面白い本を読んでみました。どんどん読めます。そして、ものすごく引

記事を読む

【感想】ブッタの悪魔払い撃退方法はこんな感じです。

  こんにちは、しろです。 ディーパック チョプラ博士の『ブッタ』で悪魔のマー

記事を読む

【感想】『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 著

こんにちは、しろです。 今回は、『ウィステリアと三人の女たち』という本を紹介します。芥川龍之介

記事を読む

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【感想】『レシピを見ないで作れるようになりましょう』

こんにちは、しろです。 素敵なレシピ本を見つけました。もう有名な

【最新刊】感想!しゃばけシリーズ『むすびつき』

こんにちは、しろです。 2018年の最新刊!しゃばけシリーズ17

【感想】さとうみつろう著『悪魔とのおしゃべり』

こんにちは、しろです。 職場で私に地味~な意地悪をしてくる人がい

【ビブリオマンシー 】意地悪な同僚について『自分を愛すると夢は叶う』

こんにちは、しろです。 昨日読んだ本を、もう一度読んでみようかな

【感想】夢は叶う!吉本ばなな&奥平亜美衣の対談本

こんにちは、しろです。 引き寄せの本・夢実現の本で素敵な本を読ん

→もっと見る


PAGE TOP ↑