【ブックレビュー】レディは陰の実力者ネタバレ

お勧め本

ピッコマから人気のコミック『レディは影の実力者』を紹介します。
ネタバレ中心にお届けしますのでお楽しみに。

大好きなお姉ちゃんを守るため日夜努力するお菓子大好き女の子
原作のクズヒーローをお姉ちゃんに近づけさせない!
もと女子大生が友達の書いた小説通りにならないように誘導していくお話です。
どうぞ最後までお付き合いください★

  1. レディは陰の実力者 第0話
  2. レディは陰の実力者 第1話
  3. レディは陰の実力者 第2話
  4. レディは陰の実力者 第3話
  5. レディは陰の実力者 第4話
  6. レディは陰の実力者 第5話
  7. レディは陰の実力者 第6話
  8. レディは陰の実力者 第7話
  9. レディは陰の実力者 第7話
  10. レディは陰の実力者 第8話
  11. レディは陰の実力者 第9話
  12. レディは陰の実力者 第10話
  13. レディは陰の実力者 第11話
  14. レディは陰の実力者 第12話
  15. レディは陰の実力者 第13話
  16. レディは陰の実力者 第14話
  17. レディは陰の実力者 第15話
  18. レディは陰の実力者 第16話
  19. レディは陰の実力者 第17話
  20. レディは陰の実力者 第18話
  21. レディは陰の実力者 第19話
  22. レディは陰の実力者 第20話
  23. レディは陰の実力者 第21話
  24. レディは陰の実力者 第22話
  25. レディは陰の実力者 第23話
  26. レディは陰の実力者 第24話
  27. レディは陰の実力者 第25話
  28. レディは陰の実力者 第26話
  29. レディは陰の実力者 第27話
  30. レディは陰の実力者 第28話
  31. レディは陰の実力者 第29話
  32. レディは陰の実力者 第30話
  33. レディは陰の実力者 第31話
  34. レディは陰の実力者 第32話
  35. レディは陰の実力者 第33話
  36. レディは陰の実力者 第34話
  37. レディは陰の実力者 第35話
  38. レディは陰の実力者 第36話
  39. レディは陰の実力者 第37話

レディは陰の実力者 第0話

私のお姉ちゃんはユリアンヌ・ブランチェット「帝国で一番有名なデリーヌアカデミー主席卒業者」でこの世界の主人公です。
あだ名はリア

私は妹のリリアンヌ
数か月病気で寝たきりの伯爵家の次女みかえる
女子大生が友達の書いた小説を読んでいる最中に寝落ち
そのまま、その小説の主人公リアの妹に憑依しました。

この小説は逆ハーレム

原作のヒーローがクズ

お姉ちゃんは私が守る!

  • 除外 「原作のヒーロー」ロベイン・クリオネ
  • 候補1 「知的型戦略家サブヒーロー」ミカエル・エバンス
    ちょっと怖い
  • 候補2 「アカデミー一番の変わり者」エラン・ロエル
    変わり者はダメ~!!
  • 候補3「物静か」セドリック・ロイストン
    一押し!
  • ミカエルの甥っ子 エイデン・エバンス
  • セドリックの甥っ子 ジョシュア・ウィンストン
  • エランの一番下の弟 ルカ・ロエル
  • カライル・エバンス

レディは陰の実力者 第1話

ユリアンヌがアカデミー卒業後5年が経っています。
アカデミー時代の友達4人の男友達がみんなユリアンヌに恋しています。

「原作のヒーロー」ロベイン・クリオネはお姉ちゃんと結婚して、お姉ちゃんを泣かすクズ

今まさにそのクズがお姉ちゃんに婚約を持ち掛けています
原作でも頼みを口実にプロポーズを持ち掛けていました。
リリアンヌウソ泣きでそのプロポーズをぶった切りました★
何回誘惑してもムダよ!
だけど憑依してしまったので本当の妹を失ってしまってごめんなさい

ごめんねお姉ちゃん

外で遊んでいたリリアンヌ
そこでミカエル・エバンスに会います。
君がユリアンヌの妹だよね

レディは陰の実力者 第2話

ミカエル・エバンスロベインが「少しの間婚約者のフリをしてほしい」と言ったことにブチ切れます
リリアンヌはミカエルのデザートに釣られて、ユリアンヌの会議の参加を勧めます
病弱な妹の面倒を見るために
全てを諦めようとしない
申し訳ない気持ちになるから
リリアンヌは後押しは強力です★

数日後、浮かんでいるクッキーがリリアンヌに話しかけます
何よこいつ!?

レディは陰の実力者 第3話

しゃべる浮かんでいるクッキーは、
ユリアンヌと仲直りをしていない為、
ユリアンヌの結界に阻またエラン・ロエルでした

セドリック・ロイストンが、
エランユリアンヌを仲直りさせるために、
エランと共にやって来ました
ユリアンヌ怒りの原因

原作のリリアンヌが病気になった時、
エランに助けを求めたのに
仕事で来られなかったから
手紙も書く暇がないほど忙しかった
エランは時々リリアンヌを診察する約束をしました。
「定期健診に免じて許すわ」
リリアンヌの外見的な好みはセドリック
物静かなヒーローで有名な剣士
皇室第二騎士団長

セドリックお兄ちゃん
また遊びに来てね

私が君にチャンスを与えよう

レディは陰の実力者 第4話

セドリック・ロイストンは大した理由なく私たちの家に出入りするようになりました
ミカエルもエランも一緒

りりセドリックを応援しています。
みんなリア好きで態度に出ているのに
逆ハーレムの基本
「恋愛に関しては鈍感!」が発動しています。

ミカエルが来ました。
「りりはおじさんが来るのが嫌いなのかな?」

レディは陰の実力者 第5話

お姉ちゃんは今日もさらにきれいです
ミカエルが来ました。
昼食時だと断れないの知っているから!

セドリックも来ました。
一緒にいるのは甥っ子です。
「ブサイクな子とは一緒に遊ばない」
ぶっきらぼうにいじわるなことをいいました。
ガーン
リリ反撃にでます。
「お姉ちゃん大丈夫だよ
あの子の方がブサイクだから」
ジョシュアは「ふんッ」

レディは陰の実力者 第6話

リリはタルトをジョシュアも食べることが気に入りません
ミカエルが私に買ってきたのよ
お姉ちゃんが怖いです★
リリアンヌ
お姉ちゃん嫌い
リリは作戦変更です

ジョシュアタルトが食べたいなら
私に可愛いっていいなさいよ

お前…可愛い…

レディは陰の実力者 第7話

リリ、ジョシュアに無理やり
可愛いときれいを言わせました
ミカエル
「リリって何だか俺に似ている気がするなぁ」

レディは陰の実力者 第7話

リリはジョシュアをからかい過ぎて、
お姉ちゃんにため息をつかれています
お姉ちゃんの「リリの友達作り大作戦」が始まりました。

「私は友達なんか要らないのに…」
「お友達と仲良くできたらデザート2倍」
「実は私友達大好き」

リリお姉ちゃん
社交性をしっかり持っていること
見せてあげることにしました。

レディは陰の実力者 第8話

リリまたジョシュアを揶揄って、ジョシュア大泣きです
うわあああぁん~!!

これはピンチ
リリは勝負にでました。
悲しいこと、悲しい記憶を思い出すのよ…!
うわああああぁん~!!

りりは泣いたけど負けました。
もうデザートは禁止よ!
リリ反抗します。
一人になりたい 探さないで!

レディは陰の実力者 第9話

りり書斎に隠れています
そこにエイデンが本を読みに来ました
「本が大好きな天才少年エイデン」
それじゃあここで本を読むつもりなの?
私違う所に行こうか?
「いや 大丈夫だよ」
あれ?もしかするとこの子…私のこと好きなのかしら!
エイデン、リリにお菓子を持ってきてくれることになりました
りりお礼にエイデンに「チュッ」てほっぺにキスしました。
エイデン赤くなって可愛い★
エイデンの持ってきたデザートを食べたら
眠くなって寝てしまうリリ

起きたらお姉ちゃんが心配していました。
お姉ちゃんが大泣きです。
ごめん…泣かないで…
これからはちゃんとするね…

レディは陰の実力者 第10話

これからは急に目の前からいなくなっちゃダメだからね
お姉ちゃんが幸せになれるように

最善を尽くす

リリはあんた(ミカエル)を監視するわ
りりお姉ちゃんのそばにいる

りり、静かに絵を書きます。
でも絵の中にご両親がいないね

「リリの意識が戻ったって手紙を送ったんだけど…
返事がまだなの…」

心配なら俺が遠征先に人を送ってみようか?

お姉ちゃんとセドリックお兄ちゃんが
遊んでくれるから大丈夫

ミカエル、リリに肩車をし過ぎて体調を崩しました

ユリアンヌお嬢様
クリオネ公爵がお見えです
ガーン・・・ロベインが!?

レディは陰の実力者 第11話

ロベインがリアに会いにきました。
リリ、どうしても止めないと小説の通りになってしまいます

エランが様子を見にいきましたが、それだけでは心配です。
ミカエルはこんな時に限って不在です←りりが肩車させ過ぎたから

みんな
スパイごっこしない?

ロベインリリに「パートナーになって欲しい」と頼んだようです。

ダメッ!

応接室のドアをバン!!と開けるリリ
「あのおじさんのパートナーになったら
お姉ちゃんが遠くに行っちゃうの?」
リリ泣き落とし
セドリックロベインを睨みます

ロベインは、「手紙を送るね!」と言って帰ります。
セドリックリリ赤面しながら誘います
「来月の皇子の誕生日パーティーに僕と一緒に行かない?」

レディは陰の実力者 第12話

皇太子のパーティにセドリックはリアを誘います
リリ達も一緒に参加することになりました

リリのドレスも作ります。
マダムドエルのブティックです
多分、ミカエルのコネ★
ミカエルも真剣に選んでくれます。
マダム、リアに恋したようです★
「お姉ちゃんに似合うドレスをデザインするだろうなぁ~」

いよいよ舞踏会です。
皇室のデザート!
皇室の味!!

レディは陰の実力者 第13話

お姉ちゃんたちと舞踏会に来ています
リリ、初めての舞踏会★

セドリックとお姉ちゃんは良い雰囲気です。
二人はダンスに行きました。

子供たちは・・・。
ジョシュアがいなくなりました。

探しにいくリリ
庭で第二皇子と出会います
あんたも私に惚れちゃったの?
困るんですけど!

私はもう既に

エイデンとジョシュアで

手一杯なんだから・・・

もし要件がおありでしたら
またお会いした際に
お話しください!!
りり去って行きます。
ジョシュアを探しに

レディは陰の実力者 第14話

ジョシュア、見つかりました
ジョシュア、リリにコツンとされました。

ダンスをした二人が帰ってきました
リアセドリックの間に流れる空気が照れくさくて、こそばゆい
意識し始めたカップルみたい★
放心状態のミカエルエランでした。

エイデンは私のこと好き?
とか私と結婚したいのなら、お金持ちで・・・とたくさん続けます。
小悪魔リリ★

りりの元へ第二皇子から手紙が届きました

レディは陰の実力者 第15話

リリ、第二皇子に皇宮に招待されました
りりはデザートを食べに行くつもりです。

エイデンも一緒についてくることになりました。

お茶会当日、
エイデンと第二皇子の中は険悪です
リリは第二皇子と友達になって
カーライルと呼ぶことにして敬語もしゃべらなくてOKの許可をもらいました。

リリはデザートを食べに来ただけ!
二人は喧嘩をしない!
友達の友達は友達だから

レディは陰の実力者 第16話

カーライルは約束通りに毎週末、
皇室のパティシエをブランチェット家に送ってくれました

リアデザートのルールを作り、パティシエが来る週末は3人の子供たちを招待しました。
しかし、リリは虫歯になってしまったのです。
エランおにいちゃんに治してもらいました❤
ありがとうお兄ちゃん!
ハグ付き!

リリの元に魔力テストの通知が届きました
アカデミーには魔力のない人は入れません
まれに、セドリックのように魔力が使えない人も入りますが、それはセドリックが桁違いの才能があったからです。

両親から手紙が届いたわよ

レディは陰の実力者 第17話

ブランチェット夫妻から手紙が来ました
両親はユリアンヌのことばかりで、リリには「リリアンヌの体調はどう?」だけだった

貴族会議の日です。
ミカエルとユリアンヌとリリアンヌは後宮に来ました

ミカエルユリアンヌは会議に行きます。
お似合いの二人★
そういえば最近、セドリックの顔を見ていません。

リリアンヌはカーライルと遊びます
そこでセドリックが謹慎処分を受けたことを知ります。

原因はロベインらしいです。
ロベインが皇宮を訪ねて何か問題が起きたミカエルは言います。
ユリアンヌのパートナーをセドリックが務めたことが背景にある模様

帰りの馬車でミカエルは二人を食事に誘います。

レディは陰の実力者 第18話

リリアンヌは悩んでいてデザートが喉を通りません
自分が本当のリリアンヌではないことがお姉ちゃんに心苦しく思っていたのでした。

私はお姉ちゃんが本当に大好きなの…
だから私はお姉ちゃんに幸せになってほしい…

ミカエルに断ってユリアンヌリリアンヌを外に連れ出します。
リリ(リリアンヌ)の目を見て話してくれるお姉ちゃん

ごめんね
お姉ちゃん

お姉ちゃんは自分の行動を怒るどころか
「お姉ちゃんが良い人に出会えるようにリリが手伝ってくれる?」
むしろ推奨してくれました
リリ自分の罪悪感をお姉ちゃんの幸せのお手伝いをすることで埋めることにしました

ミカエル、リリのデザートを新しいものに変えてくれていました

後日、セドリック達がやって来ました。

レディは陰の実力者 第19話

クリオネの性格はしっていたけど…
みんなクリオネのこと嫌いみたいです。
「リアが言った通りだよ」
「俺の所に来てケチをつけてきたんだ」
セドリックは手を出してはいませんが、剣を当ててしまったのです。
騎士なので謹慎3週間
また過去に戻っても同じことをしたとセドリックは言います

みんな仲が良さそうです。
私たちが4人で一緒にアカデミーに入ったら
ああなるのかなと思って

魔力テスト当日
ドキドキのリリ

「リリアンヌ・ブランチェットさん」
リリの名前が呼ばれました。
・・・なにか他の子どもたちと違っておかしい様子です。
うわああぁあ
…私失格よね?
思いっきり失敗したわよね!?

レディは陰の実力者 第20話

みんながリリに気遣っています
怒るリリ

そこに結果がやって来ました
ドキドキしながら結果を開けるリリ
結果は優秀なのですが「保留」と書かれています。
暗くなるリリ
「憑依」に事実がお姉ちゃんにバレるのが怖いのです

数日後、皇宮でリリは精密テストを受けることになりました

カーライルがやってきました。
「皇子様お会いできて光栄です」
「ユリアンヌ・ブランチェットと申します」
お姉ちゃんはカーライルに会うのは初めてです。

お姉ちゃんカーライルリリと友達と言ったことに驚きます。
カーライルリリが「魔力テストで異例の結果を出した」ことを知り、リリに会いに来たのでした。

お姉ちゃんはミカエルのところに話しを聞きに行きました
リリカーライルと遊びます。

レディは陰の実力者 第21話

リリはカーライルと一緒に図書館に行きました
そこにエイデンがいました。
エイデン、本が好きだから★
カーライルエイデンの間でリリを巡って争いが起きます

リリは二人を宥めて3人で本を読むことになりました
みんな私のどこがそんなに好きなんだろう

カーライルは後宮から外に出ることが出来ません。
なんでかな?と思うリリ

その時、お姉ちゃんがミカエルと一緒にやって来ました
そこでつまずいて転ぶお姉ちゃん
抱き留めるミカエル
固まる子供たち

レディは陰の実力者 第22話

小悪魔リリ「ミカエルおじさんがお姉ちゃんと結婚したら
私とエイデンは結婚できないの知っている?」
…嘘だけど

そしてカーライルに頭なでなでして
「次は絶対に一人で来るからその時は後宮のいろんな所に行こうね!」
と声を掛けて帰ります。
うん、りり待ってるね

数日後、みんなでお出かけしました

エイデンミカエルの邪魔をしているようです。
そしてリリに褒めてもらいたいみたいです。
エイデンったらまったく…
本当に私に忠実なのに…

レディは陰の実力者 第23話

ミカエルと子供たちはデザートを買いに行くことになりました
リリウインクをするミカエル

スイーツ店はクラディス公爵夫人のお店でした
そこでお姉ちゃんがデザートが好きだと知らされます。

リリはお姉ちゃんがデザートを食べているところを見たことがありません
お姉ちゃんの好きなデザートを聞くリリ
ミカエルリリは「本当にお姉ちゃんのことが大好きなんだね」とデザートを選んでくれました。

エイデンはリリと二人だけで遊びたいと言います
デザートの後にお花を見に行くことになりました。
ですがみんな先に帰ると言います
よし!
エイデンの作戦勝ちです。

レディは陰の実力者 第24話

エイデン、花屋さんで、リリに告白のようなことを言います
リリエイデンの求めるような答えをいいませ
やはり小悪魔リリです。

ですがリリは、ミカエルのお姉ちゃんに恋をする様子を見ていると、
愛って一体なんだろうと考えます。

お姉ちゃんはリリの事が一番大好きと言います
その日、リリお姉ちゃんがリリの手を蔑みながら振り払う夢を見ました

レディは陰の実力者 第25話

貴族の定期会の日です

リリカーライルと遊びます。
リリカーライルに「私のこと好きなの?」と聞いてみました。
好きです★
「今すぐ プロポーズしようって訳じゃないよ」
嫌そうな顔をしてしまったリリ
青くなるカーライルを宥めます。

「それに一回断られたしね」
自分が知らない間にプロポーズされていたようです★

リリの事は最初、暗殺者だと思ったそうです。
ですが、リリの特別な魔法を見て「妖精みたいだと思ったんだ…」

話しが変わり、カーライルはリリの魔力の「道を開く」ことが出来ると言います。

レディは陰の実力者 第26話

リリは素直なバカではありません

報酬は受け取らないと
約束して

契約は大事だと思うリリです。
カーライルリリアンヌと契約を結ぶように約束させました。
「リリは僕が信用できないんだね」
リリアンヌは人間を信じていないんです★

 

カーライルはお姉ちゃんに、
リリアンヌの魔法の事について話があると伝えます。
は感謝を述べますが、
カーライルとリリとの婚約の打診は断っていたようです。
知らない間にお姉ちゃんに守られていたリリ

リリ、色々気になります。
ついついルカに「この国って後継者争いが激しい方なのかな?」って口走ってしまいました。
「もしかして第二皇子のせい?」
そうカーライルのせいです★
急にきたエイデンに、リリはとっさに誕生日の話題にすり替えました。

レディは陰の実力者 第27話

リリは自分の誕生日に罪悪感を感じています
リリアンヌを大事にしてくれる人ほど、申し訳なくなるのです。

いつものメンバーがやって来ました
みんなたくさんリリにプレゼントをくれます。
エイデンピンクサファイヤの指輪をくれたけど、プロポーズじゃないわよね
そんなはずないわよね…

今日の誕生日、リリの両親は会いに来てくれません
それで悲しんでいるとみんな温かい言葉を掛けてくれます。

りりはみんなの愛を受けて、
今は不安も罪悪感も考えずに幸せな1日を過ごすことにしました。

レディは陰の実力者 第28話

リリは何気なく「水があって、空気も綺麗で人がいない所!」に行きたいというとみんな深刻な顔になりました

色々と決り、出発です。
「戻ってきたらきっと両親も帰って来てるはずだわ」

4人一緒に移動魔法ができるお姉ちゃんはとても優秀で、
ロベインみたいに屋敷の中に閉じ込めておくような人はダメだと
決心するリリでした。

湖でエイデンが「この前言おうとしていたことってなんだったの?」と聞いてきました。
「あのね カーライルに関することなんだけど」
それなら聞かない
こ…こいつ…?

レディは陰の実力者 第29話

エイデンカーライルが嫌い?です。

お姉ちゃんは、
リリに「まだ両親の記憶は戻ってないの?聞きました。
ランチェット夫妻は次女には全く興味がなかったんじゃないかな
と寂しくなったリリでした。

夜中に起きたらお姉ちゃんがいませんでした

30分経っても帰ってきません。
探しに行くりり、なんとミカエルもいないようです。
途中で出会ったエイデンと手を繋いで一緒に捜索です。
小悪魔リリ
「それじゃあエイデンに連れて来られたってことにするわね」
と言い訳を作ってから探しに行きます。

ミカエルとユリアンヌを見つけました
なにやら話しています。
のぞき見をしているリリ達
そこにエランが来て、バレました。
終わった

レディは陰の実力者 第30話

エラン、「ここで何しているの」と不振顔です。
リアにのぞき見がバレて怒られるリリ
エイデンはリリを庇ってくれました
恩は後で返すと恩に着るリリでした。

ミカエルは邪魔したリリを睨みます
帰宅後、屋敷の執事「ハインズ」にもドレスのお礼を言いました
お姉ちゃんの機嫌が悪いです。
両親の事かもしれません。

そして両親が帰ってきました
どのような対応をすればいいのか?
悩んでいたら、
ここの使用人たちはみんないい人ばかりで、
リリの記憶がなくても
「私たちが全部覚えていますから」
笑顔で言ってくれました。
リリ逃げたしたくなりました

レディは陰の実力者 第31話

あのねハインズ
もしかしてお父さんとお母さんは怖い人なの?

実は残酷な人たちでした★
魔法の能力が無い子は不要だと

「死にかけていた子になんてことを言うのか」とリアが言ったとき、
憑依したのはリリが亡くなった後だったんだと気が付きました。

エバンスの息子がここに来ているのはこの子のせいか?と
「能力が無いならそうやってでも利用しないとな」

どうしてあんな人たちからユリアンヌが生まれたんだろう?
「お姉ちゃんさえ いればそれでいい」
抱きしめてくれるお姉ちゃんでした。

エラン邸で、エランミカエルセドリック両親の話をするリア
「…傷付いただろうな」

ミカエルは提案します。
婚約を理由にしてリリを連れて出るのはどう?

レディは陰の実力者 第32話

「私のせいでお姉ちゃんが犠牲になるのは嫌なんだもん」
とポロポロと涙を流すリリ

ミカエルとエランはリアの婚約者になるといい、
セドリックは屋敷にいる間リリを他の場所に預けるのはどうかな?
僕が手伝うよ
と言ってくれました。

「それも考えてみるわ」
みんなの助けに笑顔のお姉ちゃんでした★

数日後、カーライルと皇宮で会いました
秘密の話ができる場所に移動です。

レディは陰の実力者 第33話

僕はリリが自分で魔力を運用できるようにすることができます
僕に能力があるからです
リリに良くしてあげる理由は、
「初めてできた友達だからです」とカーライルは言いました。

その後、二人になった時、
「お姉ちゃんはカーライルが嫌いなの?」
そうではなく、両親にリリの魔法のことは知られない方がいいと考えています。

リリは皇宮にきたのでセドリックに会いに行こうといいました。
武道上でセドリックを見つける二人
セドリック真っ赤です★
リア、セドリックに頼みます
あのね今日の晩餐に招待してくれない?
すぐに準備して来るよ
ありがとうセドリック

レディは陰の実力者 第34話

セドリックの家で食事まで部屋で遊ぶことになりました
ジョシュアピアノを弾くことになり、どちらがうまく弾けるかで賭けをします。

りりの方がうまく弾けました
リアは誰がピアノを弾いたのか?
聞きます。

リリはピアノを習ったことが無かったからです。
ジョシュワが嘘をついて庇ってくれまいた。

そしてセドリックがみんなに演奏を聞かせることになりました。
プロみたいな演奏でした。
リアセドリックにときめいたかもしれません。

レディは陰の実力者 第35話

セドリック邸での晩餐は楽しく平和に終わりました
リリリアブランチェット夫妻とは一緒に食事をしません
そしたら母がリリの部屋までやって来ました

第一皇子の健康状態が悪いので、第二皇子と一緒に遊んでいるリリにとって良い選択だといいます。

は、リアはミカエルリリは第二皇子に嫁がせるのが一番いいと言います。

突然来たセドリックの手紙を読むリア
「私はセドリック・ロイストンと婚約します」
結婚までロイストン邸で過ごす予定です。
リリと一緒に
男爵家なんて許さないという母に対して
お姉ちゃん、母の目の前で家出しました

レディは陰の実力者 第36話

リア、セドリックの屋敷に結界を張りました
つらかっただろう?
涙ぐむ リア
ユリアンヌ
がつらい時、
側にいてくれる人がセドリックで本当に良かった
リリは思っていました。
婚約を理由に屋敷を飛び出したけど結果は原作と違うはず

リリの両親はカーライルまで手を伸ばしていました。

リリの両親は第二皇子に婚約の打診に行って、
カーライルは断ってくれていました
りりが嫌がるから、
カーライルはリリが自分を好きになってくれるのを待つ
本当に好きだから
だから待とうと思うんだ

数日後、リアとセドリックの婚約について
小説の原作通りのセリフが二人の口から飛び出ます

「俺は・・・リアの友達じゃないか」(エラン)
「俺に頼んでくれても良かったじゃないか」(エラン)

「とにかく要点は
この婚約にリアの本心は入っていないってことだよね?」(ミカエル)
「なら問題ないよ
これからは気持ちに正直に行動するから」(ミカエル)

エランロベイン原作と同じセリフを言いました
原作通りに動いている世界でした

レディは陰の実力者 第37話

休刊中です。
再開しだいすぐにアップしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました