【ブックレビュー】最強公女は今日も退屈ですネタバレ

お勧め本

ピッコマから人気のコミックを紹介します。
『最強公女は今日も退屈です』をネタバレ中心ブックレビューします。
お楽しみに。
ヘレナ
前世で皇帝でしたが、転生して公爵家の令嬢に。
やりたいことをやり尽くし、もうなにも要らないヘレナ
今世はだらだら過ごしたい!
そんなヘレナの願いが届くのか?
どうぞ最後までお付き合いください★

最強公女は今日も退屈です 第1話

ヘレナの前世は、皇太子に捨てれた母に、さらに捨てられた子供でした。
浮浪者として育ったヘレナは12歳の時、才能を見出され、老教授に剣を教わります。
「ダンテ」という名を貰い、
虐待に近いくらい厳しく指導されたヘレナ
ヘレナが19歳の時に老教授が亡くなると、屋敷から追い出されます。

そこから賞金稼ぎや傭兵団に入って、手柄を立てます。
悪龍「クルセラ」を封印してから「英雄」以上に有名になります。

ヘレナ 21歳の時に皇帝(父親)から呼び出されます
ヘレナが付けていたペンダントが皇室の証だったからです。

後継者の座は欲しくなかったのですが、
ヘレナを害する輩を倒しているうちに、腹がたったので皇帝になってしまいました
悔いのない一生を終えたはずなのに
500年後、転生しました
ペレスカ公爵家の大切な末娘
前世の記憶をもったまま

最強公女は今日も退屈です 第2話

一人で字を読み、馬に乗り、難しい問題をすらすら解くヘレナ

生きるのが楽しくありません

「何をしても全部つまらないし、やる気もないし…人生が退屈です」
お兄ちゃんのレナード
「仕方ないな…ヘレナがおばあちゃんになるまで僕が面倒みてあげる!」

ヘレナはレナードが大好きです★

ヘレナはレナードの剣術の先生に疑問を持ちます。
見学に行くヘレナ

レナードに恥をかかせるヴィクトル先生ヘレナ密かに激怒します。
あいつ…どう思い知らせて
やろうかしら

最強公女は今日も退屈です 第3話

卑怯な剣でレナードを弄んでいるヴィクトル先生
「あいつ剣が下手すぎる」と思うヘレナ

ヘレナはレナードにアドバイスをします
アドバイス通りにヴィクトル先生を倒すレナード

初心者相手に格好つけるだけで剣術を教えるつもりのなかった先生へレナはフルボッコにします。
これからは
お兄様の剣術…私が責任を持つわ

最強公女は今日も退屈です 第4話

ヘレナ「やりたいこと」が見つかりました

お兄様の剣術…
私が教えたいです

お父様の許可、降りませんでした。
ですがせっかくやる気になったヘレナの為にお父様は提案をします。
「来週 この領地に客人が一人くる「その方」とレナードは歳が近いそうだ」
「お前がレナードをその方と競えるくらいに教えてみないか?」

お兄様の観察力があれば大丈夫だと思っていたら、カエサル皇子でした…。
皇子に勝てと…
剣術かなりの実力らしいです★

ヘレナは死ぬ前、親友で公爵の「エレーズ・グレイ」に皇位を譲りました。
カエサル皇子はその子孫です。
グレイ家はみんな赤い目です。

カエサル皇子がやってきました
なんか挑発的です。
握力勝負で、握る位置と関節の配列で勝ったヘレナ
とても楽しみな夏だ

最強公女は今日も退屈です 第5話

去年の夏に皇后が病死をしてからカエサル皇子は心を痛めています
そんなカエサルが初対面の挨拶の時のことを謝ります。
弱っている人に攻撃してしまった自分を反省するヘレナ

ハミルトンとカエサルが剣の訓練の場に向かいます

何よ…?
なかなかやるじゃない

今のレナードの実力じゃ相手にならないわ!

最強公女は今日も退屈です 第6話

お疲れでなければ
私とお手合わせ
いただけますか?

「勝った人のお願いを負けた人がきいてあげる」と言ったらカエサル乗りました★

お前…初心者じゃないな!?

引き分けでした。
カエサルは剣の天才でした。
育ててみたいわ

最強公女は今日も退屈です 第7話

カエサル、腕を骨折していました
仲良くなってきた二人
ヘレナカエサルに嫌われていたのかと思ったと言います。

私は殿下のこと好きですよ?

赤くなるカエサル★
お互いにどんなことを願おうとしたのか聞きます。
ヘレナカエサルを「自分の部下にすること」
カエサルは「ヘレナに名前で呼んで欲しいこと」

これからも時々

私と手合わせしてくれないかしら
カエサル

名前で呼ばれてカエサル喜びます★
今まで誰も名前で呼んでくれなかったからです。

カエサルが骨折したので、部屋で遊んでいましたが、
レナード、ヘレナ、カエサル…飽きました
そしたら、、、、怪談話来ました。。。。

最強公女は今日も退屈です 第8話

こんな大雨が降る夏の夜は必ず…地下室に青い服の女が現れるそうです
ハミルトン、幽霊を語ります。

そんな話を聞いたら地下室に探検に行きますよね。
ヘレナはピンで地下室へと続く鍵を開け、ぐんぐん3人で地下室を進みます。
…で、…幽霊出ました…。
大騒ぎをして、怒られ、3人の黒歴史になりました

原因はモザイクタイルで幽霊ではありませんでした

これを機に3人はとても仲良くなりました。

最強公女は今日も退屈です 第9話

公爵家のあるアルペントゥスで夏祭りが始まりました
カエサルは祭りに行きたがります。
で、カエサルとレナードとヘレナの3人はお祭りにやって来ました

ハミルトンを撒き、子供たちだけで楽しみます。
急に視線を感じるヘレナ
視線の主の元に一人走ります

その視線の主は「ノエ」と名乗ります。
ノエヘレナの誕生を待っていたといいます。
ヘレナに会えて感動し涙を流しています。

「私の神…救世主・・・たった一人の私の王!」
死ぬ前にまた会いに来ると言って去って行きました。

カエサルとレナードが心配して駆けつけました。
ノエを怪しみ、カエサルが一人、ハミルトンを探しに行きます
とたんに追跡の気配が消えました
カエサルが危ないわ!

最強公女は今日も退屈です 第10話

カエサルは誘拐されました。
レナードはハミルトンを呼びに行きます。
一人、検討を付けた場所に乗り込むヘレナ。

「事故死に見せかけないといけないって言っただろう」
カエサルが威勢が良すぎて、すぐに殺されそうです。

助けるヘレナ
数人を倒し、逃げている途中で、新たな刺客にカエサルが切り付けられてしまいます。
激昂するヘレナ

…今度の人生は平和に暮らしたかったのに…
あなたたちが台無しにした

最強公女は今日も退屈です 第11話

ヘレナは誘拐犯をすべて一人で倒してしまいました
レナードが助けを呼ん来た時には、すべて終わっていました。

公女…
一体何者ですか!?

ただの天才です

ヘレナ、お父様にお小言を聞く羽目になりました
ノクト・ハミルトン子爵ヘレナを首都に連れて行って優秀な先生を付けて「剣の腕」を育てたいと言っているそうです。

「ヘレナはどうしたい?」

私は…
レナードに剣を教えたいです

ヘレナは「レナードがカエサルに勝たなくても」レナードに剣を教えられるようになりました。

カエサルをお見舞いに行くヘレナ
怪我のせいで結婚できなかったら責任を取れ
というカエサルヘレナは言います。

皇室と結婚なんて
面倒なことしか
起こらないはずなのに
私がするわけないでしょ

やつれているカエサ
…カエサル ずっと…眠れないの?

最強公女は今日も退屈です 第12話

カエサルとヘレナは一緒に寝ます
宮殿は怖いというカエサル
14歳だから仕方がありません。
みんなが自分を殺そうとしているように思えています。
皇位を放棄すればしたで、誰も味方しなくなり、
益々、命の危険が出てきます

皇帝になればいいのよ

…俺は無理だ
お前みたいに強くないから

大丈夫だとヘレナは言います。
一緒にいてあげるから、
私があなたを皇帝にしてみせる
ありがとう
カエサル、背中の傷は残ってしまいました
ハミルトンはヘレナを首都まで連れたがりましたがヘレナの父が許しませんでした
カエサル首都に帰ります。

俺にも剣を教えてくれ

毎年夏にヘレナがカエサルに剣を教えることになりました。
また、カエサルが来る夏になりました。

最強公女は今日も退屈です 第13話

レナードは地区の大会で何回か優勝するようになりました
ヘレナは「公女先生」と呼ばれています。

剣を作りに来たヘレナに、ファレル家から息子の剣術の先生としてヘレナに依頼がきましたが、

「剣はやめてままごとでもやってろ」
と伝えてください

外に出たヘレナスリに会います
ヘレナから財布を抜き取った女の子は仲間に責められています
彼女はバーンズ伯爵家の私生児の様です。
ヘレナスリの仲間を蹴散らします

必死に向かってくる女の子にヘレナは言います。

私に一発でもあられたら…
このお金全部あなたにあげる

ヘレナはめちゃめちゃ強いから敵いません★
女の子の名前はヘラです。
ヘレナは女の子の名前を「アゴット」と名付け、ヘレナの部下にしました

最強公女は今日も退屈です 第14話

アゴットはヘレナの侍女になりました
アゴットは12歳です。
アゴットは仕事に慣れて、みんなにも好かれています。
ヘレナが大好きすぎることだけが問題でした。

もうすぐカエサルが来る季節です。
兄のレナードは「アゴットとカエサルは仲が悪いと思う」と言います。

カエサルやってきました
やっぱりアゴットが気に入りません★
カエサルヘレナは話をしていますが、
ヘレナカエサルの太ももが気になります
兄のレナードこんな風に太ももが育てばいいのにと考えます。

アゴットと張り合って、「ほら…!触っていいぞ!」カエサルは自分の太ももを差し出します。

どうやって鍛えたのか?聞くヘレナでしたが急に恥ずかしくなりました
逃げるヘレナ★
急に大きくなったカエサル慣れる時間が必要なヘレナでした。

最強公女は今日も退屈です 第15話

へレナはカエサルを避けるようになりました
仲の良い男子が急に大きくなって戸惑っています。

夜、カエサルが窓から入っていきます

…ちょっとなれないだけ
会ってない間に
急に成長したカエサルが別人みたいで…

ヘレナは自分の気持ちがどんなものか分からないうちに、
不安だというカエサルに同情して、
可愛い弟子として接します。

一緒にヘレナのベットに眠りにつく二人
子供の成長って本当に早いのね
じゃないですよね★

最強公女は今日も退屈です 第16話

カエサルが加わり3人での稽古が始まりました
ヘレナカエサルを避けていたために上の空だった時間を取り戻すために授業に集中します。

カエサルの成長は早すぎです
カエサルはここに来れない間は、ヘレナの訓練計画をまじめに取り組んでいたようです。

殿下の良き友になっていただき
感謝の気持ちでいっぱいです
(byハミルトン

カエサルは宮殿では誰も信じることが出来ず、常に殺気だっていて「灰色狼」と呼ばれているといいます。
暗殺されそうになってから一層神経質になったようです。

ヘレナのお陰でカエサルは皇帝になるという意思を持っています。
ヘレナが言ったから
皇帝になりなさいカエサル
と。

ヘレナはカエサルに特別授業をすることにしました
ヘレナの特別授業は過酷です。
必死にヘレナの剣に食らいつくカエサル
カエサル…
私が皇帝にしてあげるって言ったでしょ

最強公女は今日も退屈です 第17話

カエサルは毎日の二人だけの特訓で日々成長しています
アゴットとカエサルはヘレナをめぐって争っています★

そんな中、アゴット自分にもヘレナに剣を教えてもらいたいと願い出ます。
断られても必死にくらいつくアゴットに、「レナードの相手が出来るようになれば、相乗効果でレナードも成長するかな?」と条件を付けた上の許可をします。

その条件は

1年でレナードに追いつけなかったら
剣術学校へ行くの

アゴットはヘレナに剣を教えてもらいたいために頑張ります★

ヘレナはカエサルを立派な怪物に育て上げました
カエサル帰城後、
やっとヘレナはダラダラ生活を取り戻します。

しかし、それは5カ月しか続きませんでした。
ロウィナ・エバーグリーンカエサルの使いでやってきて、
カエサルからの手紙を渡します。
お二人に…この手紙をお渡しします

最強公女は今日も退屈です 第18話

レナード(ヘレナの兄)とヘレナがもらった手紙はカエサルの「皇太子即位式」の招待状でした。

残念ですが私に社交界デビューはまだ早いです

ヘレナは即お断りです。
カエサルの誕生日も一緒なのに★
ヘレナを知り尽くしているカエサルの手紙には、
脅し文句が・・・。
激怒するヘレナ
カエサルの即位式に行くことになりました。

カエサルの部下である、「できる女・ロウィナ」の登場でテキパキと準備が進みます。

とうとう即位式当日になりました
両親と別れて行動するレナードヘレナ
500年前、「唯一の親友…エレーズ・グレイ公爵」とダンスを一緒に踊ったことを思い出します。

パーティが始まり、ヘレナは隅で大人しくしていると、令嬢にドレスにワインを掛けられます

最強公女は今日も退屈です 第19話

ヘレナレナードは人気で、
人がかなり集まってしまったので、レナードに連れ出してもらったのでした。
「しつこい人がいたら教えて 僕が全員片付けるから」
ブラック・レナード★

やっと休めた時の、お約束の令嬢たちの意地悪です。
ユリカ・ブランテとその取り巻き達です。
ドレスにワインを掛けられたヘレナ
彼女はカエサルの敵対勢力です。

ヘレナはしっかりとユリカ・ブランテワインぶっかけて仕返しをします。
今日いただいたペレスカ公爵家へのご配慮
皆さんの家へしっかりお返しさせていただきます
ユリカ・ブランテ悔しがって醜い顔になりました★

最強公女は今日も退屈です 第20話

ブランデ家は皇妃と密接な繋がりがあるため権威があります。
実権を握っているはずなのにユリカが自分に突っかかってくるのは?
・・・まさかカエサルが好きなの?
カエサルがヘレナがいる休憩室にやってきました

…見つけた
カエサルヘレナに会えて嬉しそうです。

カエサル18歳の誕生日おめでとう
生まれてくれてありがとう

カエサルは、「俺はヘレナのために生まれたから」と真っ赤な耳でいいます。
まだ弟子とかカエサルのことを見ていないヘレナですが、ヘレナもそんなカエサルに感謝をしています。

最強公女は今日も退屈です 第21話

パーティーから3日間自由時間になりました
兄とも別行動です。
ヘレナゴロゴロしようと思ったらカエサルがやってきました。

誕生日プレゼントの代わりだと思って一緒に遊びに行こう!

護衛なしでデートです★
ヘレナはいっぱい買ってもらいます。
お茶をしている時、ヘレナ手編みのマフラーをプレゼントします。
思いっきり喜ぶカエサルです★

最強公女は今日も退屈です 第22話

デートの帰り道
馬車が思いっきり揺れて、二人はキスをしてしまいました
歯が折れそうなくらい痛いキスです。
お互いに唇が腫れてしまいました。

二人は恥ずかしくて気まずいままです。
それから二人はよそよそしくなってしまいます。
…完全にスネてるわ!

最強公女は今日も退屈です 第23話

ハミルトンはヘレナの貸してくれた本に夢中です。
ハミルトンヘレナの雑談中、カエサルがあまり眠れないことが分かります。
もうすぐ皇妃が皇后になるからです。
新しい皇后は自分の息子を皇太子にしようとします。

ヘレナの一族・ペレスカは本格的にカエサル側に付くことになりました。

ハミルトンはヘレナの諜報員になるといいます。
ではなく自分に比重をおくハミルトンのことをヘレナは不思議に思います。

カエサルは寝ていました
ヘレナの側だと眠れるようです。

ヘレナにキスをするカエサル
ファーストキスなのに
大した意味はないはずだわ

最強公女は今日も退屈です 第24話

カエサルが皇太子になってから3年が経ちました
レナードは騎士団を見学に行ったとき、赤騎士団に実力を認められた為に、士官学校へ通っています
ヘレナレナードと月に一度しか会えません。

カエサルも夏にやって来ますが、短い滞在期間です。

アゴットも剣の実力を付けています

4年目の夏、カエサルが侯爵邸を訪れました
皇室主催の剣闘大会の案内を持ってきました。

ヘレナの弟子の、カエサルレナードアゴットが出場することになりました。

じゃあ 3人全員で出場して

全部倒して来なさい

カエサルはすぐに帰ります
ヘレナを心配してブランデ嬢の事を聞きます。
「社交パーティーの招待状が来たことはあるか?」
「まぁ…なかったならいいんだ」
カエサルは帰り間際に、ヘレナに抱きついて甘えていきます。
私の可愛い弟子

最強公女は今日も退屈です 第25話

ヘレナレナードアゴットが剣闘大会に参加するため首都にある別宅に向かいました。
アゴット浮かれています★
ヘレナも「自分の弟子の誰かが優勝するはず」と意気揚々です。

ヘレナはノクト子爵と二人だけで会いました
ヘレナブランデ家のことについて聞きたかったからです。

皇后実の息子フラン皇子を皇太子にしようとしていましたが、
カエサルが皇太子になってしまったので
自分の息の掛かっている
ユリカ・ブランデを皇子妃にしようと企んでいます。

ノクト子爵ヘレナを押したい気持ちがいっぱいですが、

イヤです

皇太子妃選びで、人目があるのでもう気軽にはカエサルと会えません
ヘレナカエサルと会えなくなるのは寂しいと考えています。

最強公女は今日も退屈です 第26話

剣闘大会当日です。
ヘレナは1階の席に通されます。
ユリカ・ブランデは、ヘレナの隣です。

アゴットは大活躍をしましが、破れました。
レナードお兄様は実力を遺憾なく発揮して黄色い声援を浴びています
カエサルの剣は荒々しいです。
やはり決勝はこの二人でした
優勝はカエサル・ウィンター・グレイ皇太子殿下!

カエサルまっすぐにヘレナとユリカの所にやって来ます
ふふっ
「優勝者は勝利の花冠を気になる令嬢へ贈る伝統があるんです~」
ユリカは立ち上がります。
終わった…席選びミスった!

最強公女は今日も退屈です 第27話

コメント

タイトルとURLをコピーしました