*

【感想】『あとは野となれ大和撫子』宮内 悠介 著

公開日: : お勧め本 ,

こんにちは、しろです。

宮内 悠介さんの『あとは野となれ大和撫子』 ・・・さすがに直木賞と芥川賞にダブルノミネートされるはずだなーって納得してしまう本でした。

 




本物の大和撫子参上『あとは野となれ大和撫子』

 

こういう人が大きなことができるんです。というある意味成功法則のようなものを感じました。

 

もしも、後宮(ハレム)の美しき女性たちが、紛争地域の小国の政権を執ったのならば。。。

 

お話は、砂漠の中の、しかも環境の破壊された砂漠です。そんな中央アジアの小国から始まります。

 

そこで、大統領が凶弾に倒れます。議員達はなんとベンツで逃げ出します。だからだれも国政を動かすものが無くなってしまいました。

 

このままでは周辺の国に侵攻されてしまいます。

 

それとも、無法ものたちに占領されてしまうのか?

だから、暗殺された大統領に庇護されてきた小娘達は、だまって見過ごせなかったのです。

環境問題あり、人権問題、女性蔑視ありなんでもありなのに、綺麗にまとまって軽快に物語が進んでいきます。

楽しくて、

突っ込みどころ満載のお話です。

 

難癖のある『あとは野となれ大和撫子』の登場人物たち

 

この人たちみんな成功できる人達です。

この人たちを見習えば、あなたの未来も明るいです。。。

ってきっぱりと言い切れてしまいそうな難癖のある方々なんです。

【主な登場人物】

ナツキ・ナシーム・トオミネ
後宮で育てられた日本人?

人として、何かが足りないと言われているが、こんな彼女が大きなものを持っているとみんなが思わずにはいらない女の子です。

亡き父の口癖:「俺が現場にいなくてどうする」

自分の口癖:「やることはやった。あとは野となれ」

 

アイシャ・ファイシャル

彼女が国のリーダーになります。暗殺された大統領の秘蔵っ子です。

ジャミラ・クンディ・サドザイ

ケニア出身のナツキのお姉さん的存在です。ナツキ、アイシャ、ジャミラの三人がいればなんでもできちゃいます。

ウズマ・ハリーファ
お局さまで、主人公たちの足を引っ張ります。無学って素晴らしいと思える大物。元の元の後宮(ハレム)の先輩です。

イーゴリ・フェルツマン
謎の吟遊詩人しかも武器商人相反するものを持っている登場人物が多いんですはっきりいってトリックスターです。

ナジャフ・アリ・ラシード
過激派なのに、その真にあるものは、こんなことはしたくないんだよね~ごめんね~って感じの保守派です。ファンの多いイケメンです。

 

 




 

【感想】『あとは野となれ大和撫子』宮内 悠介 著

 

奇想天外なこの物語は、ナツキというちょっと人とはズレている女の子が、事態をどんどん好転させていきます。

この子は優しいが、何かが欠けている――

ナツキにはこれまで住んでいた家にこだわりがない

お父さんとお母さんは大好きだけど、亡くなってしまって悲しいけれど、すぐに逃げる本能に従って歩きはじめる

忘れ物をする

時間に遅れる

理系

友達を作ろうとはしない

人前でも笑わない

成績はよい

やがてナツキは集団の中でいじめられてしまう。

しかし、

「あんた、なんでやられたままで黙っているの?」と言われても

「一度、起きたことは仕方がないし――」

「どのみち、手持ちのカードで勝負するしかない」

などと答える。

だけどナツキは、優しい女の子で、物事の本質をしっかりととらえていくのです。

そして、みんなが生き延びる道を素早く導く出す知恵と勇気をもっているのです。

 

ちょっと変わった女の子が世界を変えます。

そんなサクセスストーリーを読んでみてください。

 

あとは野となれ大和撫子

 

 

こちらも読んでみてくださいね

【感想】ダブルノミネートされた『あとは野となれ大和撫子』

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

関連記事

スーパーブレイン/ディーパック・チョプラ博士の瞑想方法

こんにちは、しろです。今まで色々な人の瞑想方法を紹介してきました。今回は『スーパーブレイン』よりディ

記事を読む

『スーパーブレイン』ディーパック・チョプラ博士のダイエット

こんにちは、しろです。 前回の、『SUPER BRAI』 ディーパック・チョプラ博士の著書のダ

記事を読む

引き寄せのおすすめ本『なぜ、あの人にばかり奇跡が起きるのか?』

こんにちは、しろです。 タイトルを見ただけで気になってしまう本ってありますね。今回も『Kind

記事を読む

【感想】島本理生さんの『ファーストラヴ』

こんにちは、しろです。 今回は、第159回直木賞受賞作の『ファーストラヴ』を紹介します。

記事を読む

【感想】『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』リュウ博士の本

こんにちは、しろです。 リュウ博士の本は論理的で、解説に納得ができます。そんな素敵な本を紹介し

記事を読む

怒りってことを本気で考えた一日『とらわれない生き方』を読んで

こんにちは、しろです。 自分で、”私ってとらわれている” ことが多いなぁ~って自覚があるので、

記事を読む

逆境を恩恵に変換させて富と充実感をゲット

こんにちは、しろです。昨日聞いた話です。知人の中学時代の挫折の話を聞きました。その時には何も答えられ

記事を読む

こんなことを続けていていいの?と不安になったときに読んでもらいたい本

こんにちは、しろです。 作家になりたい。漫画家になりたい。など夢の実現のために毎日コツコツと努

記事を読む

【感想】夢は叶う!吉本ばなな&奥平亜美衣の対談本

こんにちは、しろです。 引き寄せの本・夢実現の本で素敵な本を読んだので紹介します。 &n

記事を読む

おススメ本・臆病な僕でも勇者になれた7つの教え

心の内側に意識を向ける簡単な方法   簡単にいいますと、自分の心の内側に意識を向け

記事を読む

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【感想】さとうみつろう著『悪魔とのおしゃべり』

こんにちは、しろです。 職場で私に地味~な意地悪をしてくる人がい

【ビブリオマンシー 】意地悪な同僚について『自分を愛すると夢は叶う』

こんにちは、しろです。 昨日読んだ本を、もう一度読んでみようかな

【感想】夢は叶う!吉本ばなな&奥平亜美衣の対談本

こんにちは、しろです。 引き寄せの本・夢実現の本で素敵な本を読ん

【開運手帳】ラッキーカラーの2019年システム手帳7選

こんにちは、しろです。 毎年、手帳を買いに行くときにはその年のラ

【感想】島本理生さんの『ファーストラヴ』

こんにちは、しろです。 今回は、第159回直木賞受賞作の『ファー

→もっと見る


PAGE TOP ↑