*

【感想】村山早紀の『百貨の魔法』

公開日: : お勧め本 ,

こんにちは、しろです。

今回は村山早紀さんの『百貨の魔法』という本を紹介します。本の表紙の美しさを見ただけで素敵な本なんだろうなーって判ってしまうような本なんです。是非手にとってみてください。

 

【感想】村山早紀の『百貨の魔法』あらすじ

 

もうすぐ閉店してしまいそうな星野百貨店のお話です。50年前から創業しています。

高級で美しく、地域のみんなに愛されているお店だから、みんながそこを訪れることが誇りに思えるような場所なんです。

エレベーターガールの松浦いさなは、元気よくエレベーターに入ってきた男の子のお客様に、

「この百貨店には、『魔法を使う猫』がいるって、ほんとうですか?」

と聞かれます。

「金目銀目の白い子猫が、気がつくと店内と歩いている。いつのまにか、誰かのうしろや足元にいる。はっとすると、光のような速度で走っていってしまうっていうんです。流れ星みたいに。

神出鬼没のその子猫を見つけて話を聞いてもらえれば、願い事をなんでもひとつ、きっと叶えてくれるっていうんです。不思議な猫は魔法を使う。ええ、この街じゃ有名な話ですよ」

『百貨の魔法』村山早紀著 P.17より

 

 

謎多き新人コンシェルジュの行動やイケメン宝飾品売り場のフロアマネージャーの待ちに待っていたこと。果物の木が植えてある花壇のお話などのエピソードが素敵な物語を織りなしています。

お客様達も含め、テナントのスタッフ、創業者のみんなもあたたかくこのデパートを守ろうとしています。

そこに魔法の白い猫ちゃんがいつも現れるんです。

 

この表紙の上に飛び跳ねているかのような猫ちゃんが魔法の白い猫です♪

この星野百貨店で買い物がしてみたい!ここでご飯をたべたい~

 

【感想】村山早紀の『百貨の魔法』

 

魔法を使う猫を見かけて慌てて願いを言うわけではないんです。

流れ星のように。。。。。。

 

それぞれがボソッとつぶやいた本音の願いを

誰かが口に出した瞬間に、その魔法の猫は居合わせるんです

願いは口に出さないといけませんね。

 

口に出さないと叶わないんですね。

 

そするとみんなにも白い魔法の猫は、現れるということなのですよね。

わたしにも、本音の願いってなんでしょうね。

なりたいことをしゃべっていても実はそれは本心からではなく真実の願いではないってこともあるんです。

「お金持ちになりたい」

なんで?なんでお金持ちになりたいの?

「今まで親に苦労を掛けてきたから親孝行がしたい」「だからそのお金でプレゼントがしたい!」

という本音が隠されているかもしれません

そうしたら、願いは「お金持ちになりたい」ことではなく、「親孝行」なのだから、お金?大金が入る前でなくても「親孝行」はできるはずなんです。

あるいは、

「お金持ちになって親に認められたい!」

「親に私のことを誇りに思ってもらいたい!」

なんてこともあるかもしれません。

この本のなかのイケメン宝飾品売り場のフロアマネージャーさんも、

「そうか、わたしは、母さんに会いたかったのか。母さんをここで待っていたかったのか」

目に涙を浮かべながら気が付きます

 

自分の本音ってハッ!と気が付くものなんです。

自分の心の中にしまいこまれていた素敵な願いってなんでしょうか。

それに気が付くと良いことがあるかもしれません。

それに気が付いたら、そっと口に出してみてください。

この本のように感動できる物語が動き出すかもしれません。

 

 

【感想】村山早紀の『百貨の魔法』のまとめ

 

村山早紀さんは、児童文学作家さんだったのですね。そういえっば、『シェーラひめのぼうけん』シリーズは読んだ記憶があります。

公民館図書室に勤めていたときに。。。。。仕事の合間に♪

面白かったなーまた読み返してみようかな。

そして、村山早紀の代表作『桜風堂ものがたり』が、2017年本屋大賞にノミネートされて、5位入賞しました。この時に登場したのは子猫オウムですよね。次回作、『星をつなぐ手桜風堂ものがたり』を読んだらまたここで紹介します。すごく楽しみです。

で、今回の『百貨の魔法』が、2018年の本屋さん大賞ノミネートされ9位入賞しました。

どのお話も物語に存在感を動物たちが思いっきり発揮しています。

百貨の魔法は、感動した話なんだけど、だけど、こんなに素敵な偶然が続くんだなって・・・・・・・・ドラマチックすぎないか?良い人、良い子ばっかり出てこないか?問題がこんなに早く解決するものなのか?なんて斜めな感想も持っていたのですが、

児童文学作家さんなんだなーって考えたら、このストーリーが最高だなって思えてきました。

なんなんだこれは。

あーここで働いているスタッフの温かい視線がとても心地よいんです。

子ども視点で読むとこんなに見守られていると安心感と幸福感で心が満たされるからかもしれません。

読み手の心に何かしらひっかかるお話で、そして、私の心を清らかにしてくれた小説でした。

良かったら読んでみてください。

それでは、また。

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

関連記事

夢の成功法則 スピリチュアル・コーチング

夢の成功法則 スピリチュアル・コーチング こんにちは。しろです。 夢に向かうことが好きで

記事を読む

こんなことを続けていていいの?と不安になったときに読んでもらいたい本

こんにちは、しろです。 作家になりたい。漫画家になりたい。など夢の実現のために毎日コツコツと努

記事を読む

発想術のコツ 一人さん流

こんにちは。しろです。   面白い本を読みました。 『地球は「行動の星」

記事を読む

苦手な分野を克服!ガネーシャの教え!

苦手な分野を克服!ガネーシャの教え! またまた読書感想文です。 こんにちは。しろです。

記事を読む

『決めた未来しか実現しない』本田 健 著

こんにちは、しろです。本田 健さんの本を読みました。 『決めた未来しか実現しない』

記事を読む

引き寄せヨガで夢を叶える

こんにちは、しろです。 またまた素敵な本を読みました。 身体がゆるめば願い事がどんどん叶

記事を読む

自分探しの旅からいつ帰ってくるの???

本当に自分探しの旅をしているの?これって現実逃避なんじゃない(≧▽≦)   あなたの家

記事を読む

なんでか頭にきてしまうときってなんなのでしょうね。

こんにちは、しろです。 先日、ものすごく怒ってしまいました。私って自分で温厚だと思っていたので

記事を読む

【感想】龍が私の所にもくるかも『妻に龍が付きまして・・・』

こんにちは、しろです。 今回お勧めのこの本は、運が良くなるのはもちろん、人生がワクワクしそうで

記事を読む

怒りってことを本気で考えた一日『とらわれない生き方』を読んで

こんにちは、しろです。 自分で、”私ってとらわれている” ことが多いなぁ~って自覚があるので、

記事を読む

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【感想】さとうみつろう著『悪魔とのおしゃべり』

こんにちは、しろです。 職場で私に地味~な意地悪をしてくる人がい

【ビブリオマンシー 】意地悪な同僚について『自分を愛すると夢は叶う』

こんにちは、しろです。 昨日読んだ本を、もう一度読んでみようかな

【感想】夢は叶う!吉本ばなな&奥平亜美衣の対談本

こんにちは、しろです。 引き寄せの本・夢実現の本で素敵な本を読ん

【開運手帳】ラッキーカラーの2019年システム手帳7選

こんにちは、しろです。 毎年、手帳を買いに行くときにはその年のラ

【感想】島本理生さんの『ファーストラヴ』

こんにちは、しろです。 今回は、第159回直木賞受賞作の『ファー

→もっと見る


PAGE TOP ↑