*

【感想】伊坂幸太郎の『砂漠』この一冊で世界が変わるかもしれない

公開日: : お勧め本 ,

こんにちは、しろです。

文庫本の新装版が出たので再び読んでみました。何度読んでも清々しい読了感でいっぱいになります。この一冊で世界が変わります!本には控えめに、「この1冊で世界が変わる、かもしれない。」って言っているんですけどね^^

 




 

【感想】伊坂幸太郎の『砂漠』

 

Amazonのレビューがものすごくたくさんあるのにどれも高評価なんです。それだけでこの作品の凄さがわかりますよね。

伊坂幸太郎作品のなかで、『砂漠』が一番好き♪という人は多いようです。私は「死神シリーズ」が好きなんです。

  • 死神の精度 (文春文庫)2008/2/8
  • 死神の浮力 (文春文庫)2016/7/8

この二つは最高です。

 

この一冊で世界が変わる、かもしれない。

仙台市の大学に進学した春、なにごとにもさめた青年の北村は四人の学生と知り合った。少し軽薄な鳥井、不思議な力が使える南、とびきり美人の東堂、極端に熱くまっすぐな西嶋。麻雀に勤しみ合コンに励み、犯罪者だって追いかける。一瞬で過ぎる日常は、光と痛みと、小さな奇跡でできていた――。小社文庫限定の書き下ろしあとがき収録!明日の自分が愛おしくなる、一生モノの物語。

『砂漠』伊坂幸太郎 著 表紙裏より

 

書き下ろしあとがきは、下のAmazonの本ではなく、

 

 

この写真と同じ表紙の文庫新装版です。

 

この砂漠を読むと強く信じると世界って変わるんだなって思えます。

そして、なにより、強く信じる人は格好いいです。

こんな人の本質を見れる美人!の東堂さんも大好きです。

この5人が一緒にいることろが好ましいから、

だから、みんな好きな本なんだと思います。

 

今日、スピードコーチングを学んできたのですが、

この時代だという意味だと思うのですが、

「今は信じる力が圧倒的に足りない」

と。

信じる力がある人は何度でもチャレンジするそうです。

この信じる力を養うのが「コーチング」では大切なんです。

コーチはクライアントさんと徹底的に信じないといけないんです。

コーチングとは⇒「信じる力を養うトレーニング」

多くの人は勇気・柔軟性・信じる力が圧倒的に足りないんです。

そして、保証されている、あるいは予測できる実績があることばかりを信じていると、信じる力が弱くなっていってしまうようです。

これ、未来を知っていれば、簡単に信じられますよね。

知っていれば、信じる力が強くなります。

 

だから、コーチはクライアントさんの未来を強く確信して知っている状態にしていきましょう。

ということを学んだのですが、

 

この本でも同じようなことが学べます。

凄くないですか?

凄いと思います。

 

【感想】伊坂幸太郎の『砂漠』この一冊で世界が変わるかもしれないのまとめ

 

北村は、5人で一緒にいるようになってから段々顔に表情が出てきて、人間らしくなっていきます。それまでは上から目線という感じです。

大学の講義は休まず出るツワモノです。

それが、その北村が、「大統領か?」と通り魔に聞かれて殴られると分っていて、「そうだ、僕が大統領だ」と答えてしまうくらい何かに感化されてくるようになります。

そして、少しチャラい鳥井は、今までしてきたことの痛みを受け、それを乗り越えた先には、新たな愛が待っています。

やっぱり乗り越えられない試練ってないんですね。軽薄な大学生だったのが、努力する男に成長します。

それを伊坂幸太郎が独特のテンポで読みやすく面白く展開させてしまうんです。

流石なんです。

 

とびきり美人の東堂さんは、両親がとても好感の持てる両親で、美人過ぎる母親とその母親がとても好きらしい父親に育てられたのです。

いきなりシェパードを家に連れてきたのに、お母さんは飼って良いと即答するし、お父さんは「そうした方が良いと思っていたんだ」

みたいなことを言っちゃいます。東堂さんの家では、お母さんが法律みたいで、それはどこの家庭でもそんなものかもしれませんが、犬を飼ってはいけません!みたいなお母さんではありません♪

 

不思議な力が使える南さんは、いるだけで日向を感じさせる爽やかな女の子です。スプーンを曲げられるし、軽いものなら動かせます。

4年に一度くらいなら車までも飛ばしてしまいます。一途で可愛くて健気です。

 

そして、最後はこの小説のヒーローの西嶋です。空気を読みません。嫌われても傷つきますが自分の道を突き進みます。それが北村たちと出会い、自分の居場所を見つけます。そして、砂漠に雪を降らせるくらいの力を持っているのです。その力が信じる力です。

正義感丸出しですが、自分の信じる道を進む努力もするんです。そしてそれを思いっきり信じている東堂さんも一緒にいてくれます。

 

私も小さな奇跡なら起こせるなーって確信出来てしまう本です。

そんな本って滅多にないと思いませんか?

 




 

西嶋って「世界が変わること」を強く望んでいることろがいじらしいです。

こちらもチェックしてみてください。

伊坂幸太郎『砂漠』動画

 

それではまた!

 


 

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

関連記事

4月8日の灌仏会・花祭りを前に『ブッタ』読了です。

こんにちは、しろです。 釈迦の誕生日である4月8日に前に『ブッタ』ディーパック・チョプラ著の本

記事を読む

【感想】『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』リュウ博士の本

こんにちは、しろです。 リュウ博士の本は論理的で、解説に納得ができます。そんな素敵な本を紹介し

記事を読む

こんなことを続けていていいの?と不安になったときに読んでもらいたい本

こんにちは、しろです。 作家になりたい。漫画家になりたい。など夢の実現のために毎日コツコツと努

記事を読む

【感想】あなたの年齢は「意識」で決まる・無駄に使われている・化粧品代とは

こんにちは、しろです。 ずーっと前に購入した、『あなたの年齢は「意識」で決まる』この本のことを

記事を読む

『誰でもできる透視リーディング術』お勧め本

光の記憶 魂の記憶を思い出す まさよ さんの本です。本の帯には、   まず、魂を安

記事を読む

スピリチュアル女子のルール・はづき虹映さんの本を読んでみた

こんにちは、しろです。 スピリチュアルってみんな違っているのに、みんな基本的には同じって思って

記事を読む

孫子の兵法から夢を叶えるヒントが見つかった

こんにちは、しろです。 孫子ってすごいですよね。いつまでも、どんな時代にも通じる教えなんです。

記事を読む

引き寄せもお金持ちになる方法もなんでもこざれでした!

面白い本を読みました。   目から鱗が落ちるってこのことを言うのですね~~ &n

記事を読む

【感想】『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 著

こんにちは、しろです。 今回は、『ウィステリアと三人の女たち』という本を紹介します。芥川龍之介

記事を読む

【ビブリオマンシー 】意地悪な同僚について『自分を愛すると夢は叶う』

こんにちは、しろです。 昨日読んだ本を、もう一度読んでみようかな~って気持ちになり、なんとなく

記事を読む

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

固定ページ

固定ページ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【感想】さとうみつろう著『悪魔とのおしゃべり』

こんにちは、しろです。 職場で私に地味~な意地悪をしてくる人がい

【ビブリオマンシー 】意地悪な同僚について『自分を愛すると夢は叶う』

こんにちは、しろです。 昨日読んだ本を、もう一度読んでみようかな

【感想】夢は叶う!吉本ばなな&奥平亜美衣の対談本

こんにちは、しろです。 引き寄せの本・夢実現の本で素敵な本を読ん

【開運手帳】ラッキーカラーの2019年システム手帳7選

こんにちは、しろです。 毎年、手帳を買いに行くときにはその年のラ

【感想】島本理生さんの『ファーストラヴ』

こんにちは、しろです。 今回は、第159回直木賞受賞作の『ファー

→もっと見る


PAGE TOP ↑