奉納舞・市ヶ谷亀岡八幡宮に10月12日に行って来ます!

夢を叶える

こんにちは、しろです。

私の友達が、放生会(ほうじょうえ)四魂(しこん)の祭り奉納舞を舞います。

なので、

市ヶ谷亀岡八幡宮に10月12日に行って来ます!

奉納舞って巫女舞のことです。

巫女さんが舞います神楽舞ともいいます。

巫女さんは、鈴、幣(ぬさ)、榊(さかき)などを持ちます。

そして、太鼓、笛、銅拍子(どうびようし)お囃子があります。

 

私の友達は舞楽をやっているそうです。

・・・以前はテニスをやっていました。

そして、その次に演劇をしてました。

今は、舞楽・・・。なんか格好良いです。

 

舞楽(ぶがく)とは、

雅楽の演奏様式の一種。唐楽や高麗(こま)楽を伴奏とする舞踊です。「管弦」の反対です。

私が、昔、結婚式を挙げたのが、この近所でした。ちょっと懐かしいです。

観に行こうと思っています。

 

楽しみです。

 

舞楽・・・てなんだか興味があります。

美人な友達だったから、巫女さん姿、似合うだろうな~~♪

 

20140922_174437

 

記事には関係ないのですが、元気な菊が手に入ったので。

 

↓市ヶ谷亀岡八幡宮のHPより

放生会(ほうじょうえ)とは?

人間がその生命を養い寿命を得ているのは、他の様々な動植物の命のお陰であるという事、神々の恵である諸々の命に八幡宮の大神様のご神徳を通じて感謝し、先祖の御霊に功徳を積む重要な御神事です。

 

四魂(しこん)の祭りとは?

神々が示される大いなる力大威稜の顕現を四つの方向性に分類した表現です。

『荒魂(あらみたま)』は人心の乱れる余り大御心が荒び天変地異等の大災厄を起こす神威

『奇魂(くしみたま)』は、いとも不可思議なる御神徳、俗に言う奇跡の神威

『幸魂(さきみたま)』は神気が満ち溢れ万人が幸福となれるよう導かれる神威

『和魂(にぎみたま)』人々が諍を止め其の心根に敬神崇祖、感謝と大調和をもたらす神威といえます。

荒魂を鎮め、且つ全ての四魂の神威に安寧慰撫の心を持って神事、儀式を執行いたします。

なんだか犬夜叉を連想させますね!

犬夜叉の四魂の玉って
四魂とは、荒魂、和魂、奇魂、幸魂の4つの魂が玉の中に宿っています。・・・なんで、このテーマに関することなら何でもできるみたいです。

 

話の方向性が色々と変わってきましたが、心が安らかになれそうです。

きっちりとこの神事を味わってこようと思っています。

ついでに娘の合格祈願もしてこよかな♪

 

 

↓そういえば、娘が鉛筆が欲しいと言っていました。こんな感じの鉛筆が欲しいです。
 

 

 

 
頑張れ!娘!!
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました