ある作家さんの文章の書き方・チャネリング

スピリチュアル

ある作家さんの文章の書き方・チャネリング

こんにちは。しろです。

好きな作家さんの、本の‷あとがき”を読んでいたら、

私が一番欲しいメッセージがそこにありました。

薔薇ブーケ1

「なんかこう、手が導くように、何も考えずに、手がやってゆくのに従ってみようかなっていう感じ。
 そんで、パソコンの前に座ってみたら、するすると、手がこんな文章を打ち出していました。」

この作家さんの、

「そっか、これだ。」

という感覚が不安な私が求めていたものだったのです。

またまた、あとがきは続きます。

「以前、作曲をやっていらっしゃる方に、曲をどうやって作っているのか聞いたことがあったのですが、その方は、メロディが浮かぶと、いきなりピアノでそれ弾いちゃうんですって。それも、適当に和音なんか伴奏につけて。
 何で、そんなことができるのか、私には非常に謎なのですが、なんか、メロディさえ判っていれば、それにあうような和音や伴奏、手が勝手に弾いてくれるらしくって……。」

そして、最後がきめセリフです!

「これはもう、無意識に任せて、行けるとこまで行っちゃてみる?」

私も、無意識を味方につけて、頑張ります!

↓↓自分の中に聞くのはこちらも同じです↓↓
タロット占い講座

タロット占いを学んで、内なる声に耳を傾けてみませんか?

その作家さんは無意識とお友達ですって♪
楽しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました